髪の毛だけでつくる【小さいリボンアレンジ】のやり方を美容師が解説!

ミディアム

今回は大人気のリボンアレンジの作り方を解説していきます♩

アクセサリーいらずの、髪の毛だけでリボンをつくるヘアアレンジになります*

最低限必要なのはゴムとピン1本ずつあればできてしまうスタイルです。

 

仕上がりがこんな感じです⇩⇩

つくり方を見るとけっこう単純なスタイルですが、意外にリボンアレンジのやり方が分からない方はとても多いので、周りの方に自慢しちゃいましょう!

⇩簡単アレンジ動画はこちらから⇩(約1分)

 

\ アイロンマニア美容師が徹底レビュー /

用意するもの

用意するもの

くし・ヘアゴム・アメピン・あれば100均などで売っているくるりんぱ棒・コテ

※くるりんぱ棒とは、100均等に売っているヘアアレンジスティックというものです。


なくてもできますが、くるりんぱ棒を使った方がリボンの結び目をつくるさい簡単にできるのでおすすめです♩
こちらのスタイルでは細い方のアレンジスティックを使用します。

関連記事>>100均のヘアアレンジスティックで誰でも簡単くるりんぱ

ヘアスタイルの作り方

事前に軽く巻いておくとヘアアレンジがやりやすくなります。

・トップをざっくりとり後ろでゴムで結びます。

・サイドから毛束をすこしとり、リボンの輪っかをつくるようにで先ほど留めたゴムの中に通します。

ゴムに通すのが難しければ、トップをゴム2本で結ぶとやりやすくなります。またゴムに通す際に、コームの細いテールの部分をつかいながらゴムを広げてあげると輪っかを通しやすくなります。

・逆サイドからも同じように毛束をすこしとり、リボンの輪っかをつくるようにゴムの中に通します。

周りの毛束や、リボンの輪っかになる部分を崩さないように慎重にやりましょう。

・左右につくった輪っかのバランスをリボンをイメージしながら整えます。

・ゴム下にある毛束をすこしとり、リボンの真ん中にある結び目をつくっていきます。
⚠️リボンの輪っかになる毛束の毛先をとらないように注意!

くるりんぱをイメージするような感じで、ゴムの奥に穴をつくり、とった毛束を上からくるっと穴に通し結び目をつくります。(写真のようにくるりんぱ棒がおすすめ)

通したいところにスティックを差し

スティックの輪っかに毛先をいれます

あとはスティックをひくだけ!

くるりんぱ棒を使うと非常にやりやすくなります。普通のくるりんぱと違い、穴にくるっと通す毛束が少ないため手で行おうとすると余分な毛束も巻き込むおそれがあるからです。

・穴に通した毛先をきゅっとひきしめ、リボンの結び目に見えるよう整えます。

通した毛先を下に引っぱります

・結び目が崩れないように、裏の根元付近でピン留めし結び目を固定します。

・コテがあればリボンのひらひらをイメージするような感じで、輪っかをつくった毛束の毛先を軽く巻いていきます。

・全体のバランスを整えて完成♫

気をつける点&まとめ

どうでしたか?やってみるとなにげ難しかった・・・という方も多いのでは?苦笑

ピンとゴム1本づつあればできるスタイルですが、リボンのようにバランスを整えたり、輪っかや結び目をつくる作業がわりと慣れるまで難しいと思うので、コースとしては中級に分類しています。1分動画だけ見るとすごい簡単に見えるんですけどね(苦笑)

まず一番重要なのは仕上がりがリボンになるようイメージをしながら全ての行程を行う事です。

リボンの輪っかをつくる時・間の結び目をつくる時・毛先をリボンのひらひらみたいにみせる時全てにいえます!

細かい気をつける点としては、ゴムに通しリボンの輪っかをつくるさい他の毛束を巻き込まないよう気をつけましょう。

1個輪っかをつくり逆側の輪っかをつくるときの方が難しくなります。はじめにつくった輪っかの部分を壊さないように慎重に行いましょう。

結び目はリボンっぽくみせるのにとても重要なパーツです。ゴムの後ろにくるっと通す際も他の毛束を巻き込まないように注意しましょう。

リボンスタイルはそれ自体がワンポイントになり可愛いヘアアレンジになります♩

慣れてくると、ゴムに通す輪っかの大きさを調整しながらリボンの大きさを調節できるようにもなりますよ^^

ママが女の子につくってあげるとお子様からも喜ばれること間違い無し♩

是非チャレンジしてみてください*

 

\ アイロンマニア美容師が徹底レビュー /

Takashi Owaki

ヘアーチルドレン公式ライター*美容師として埼玉と三重で、サロンワークや訪問美容の活動をしています。訪問美容では出張助産師として活動する妻と連携し、「育児の悩...

プロフィール

関連記事一覧

毎日をもっと可愛く♩誰でも簡単にできる子へアレンジレシピ集*セルフアレンジやママでも簡単にできる子供ヘアアレンジの参考にも♩
最新記事へ