売切続出!大人気・絹女シリーズのおすすめポイントをまとめて解説してます!

【くるりんぱでつくるギブソンタック】ルーズなこなれ感の出し方を美容師が解説♩

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こちらの記事ではヘアアレンジの中でも昔から愛用されている「ギブソンタック」をルーズに崩したスタイルを紹介します。

低めの位置でシニョンをつくるシンプルなヘアアレンジであり、低めの位置でゆるくまとめるアレンジが流行っている今、ギブソンタックでまとめている方をたくさん見かけますね。

前にもこちらのサイトでシンプルなギブソンタックを紹介させて頂きました。

シンプルなギブソンタック

人気の【ギブソンタック】のシンプルなやり方を美容師が解説します

ひとつにゴムで結び、くるりんぱをする要領で毛先の髪の毛をゴムの内側にいれながらシニョンをつくっていきました。

ギブソンタックはとてもシンプルなアレンジなのできれいにまとめてあげても大丈夫ですし、少しルーズに毛束を引き出しながら崩しても可愛いスタイルになります。

今どのヘアスタイルでも「ルーズ」「抜け感」「こなれ感」等といった言葉をよく聞きます。

ヘアアレンジでもかちっとまとめすぎず、ざっくりしたアレンジやふわふわしたアレンジがとても人気です。

「ギブソンタック」でもルーズに崩してあげたスタイルがとても人気なので、こちらの記事ではくるりんぱを2段使ったふわふわした雰囲気のギブソンタックを紹介していきます。

まず仕上がりがこんな感じです。

目次
この記事を書いてる人
美容師 大脇貴志

ルーズなギブソンタックのつくり方

①トップをざっくりとりわけゴムで結びます。

②くるりんぱをしとことどころ崩していきます。

③残りの毛束をゴムで結び、くるりんぱをするような要領でシニョンをつくっていきます。
シニョンのつくり方が難しい方は下記の記事をごらんください。

ギブソンタックのシンプルなやり方を解説♩


④シニョンができたら全体的に毛束をところどころ引き出しながら崩して完成です♩

気をつける点&まとめ

前回紹介したシンプルなギブソンタックと違い、トップに一度くるりんぱをつくってから低めの位置にシニョンをつくっていくので崩せる範囲が広くなります。

崩せる範囲が増えた分、さらにふわっとしたルーズな感じのギブソンタックをつくることができます。

崩していく際は一気に毛束を引き出しすぎず、徐々に毛束をの筋を増やしていく感じで崩していきましょう。

美容師の大脇

くるりんぱした箇所を崩していく際は、根元の部分を片手で押さえながら崩してあげるとやりやすくなります。

慣れてくるとくるりんぱを3段使ってギブソンタックをつくることもできますので、是非チャレンジしてみてください。

- 当サイト一押し!大人気の絹女シリーズ -

ストレートアイロン、カールアイロン、ドライヤー

美容師目線で全ての商品がおすすめ!

絹女シリーズのおすすめポイントをチェックしたい方は
こちらのまとめ記事にて解説しています。

大脇貴志
WRITER
HAIR CHILDREN公式ライター。美容師歴13年目。ヘアアレンジが好きで美容家電マニアでもあります。都内、埼玉県主要部で10年サロンワーク後、三重で訪問美容サロンRingoをオープンさせる。趣味は愛犬とお出かけする事。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
TOPへ
目次
閉じる