売切続出!大人気・絹女シリーズのおすすめポイントをまとめて解説してます!

リボンアレンジが100均のくるりんぱ棒使うと誰でも超かんたんできちゃう♩

URLをコピーする
URLをコピーしました!

髪の毛だけでリボンをつくる事に難しいイメージをお持ちの方も多いのですが、あるアイテムを使うと誰でもかんたんにリボンアレンジができるようになります。

そのアイテムとは100均に売っているヘアアレンジスティック(くるりんぱ棒)というもの。

100均のアレンジスティックで簡単にくるりんぱをつくるやり方を美容師が解説

2つセットになっており、両方使っていきます。

本来くるりんぱを簡単にするためのアイテムなのですが、そのアレンジスティックを使うとこんな感じのリボンスタイルがつくれるようにもなってしまうんです↓

下記で紹介しているアレンジ動画を見ると「なるほど〜!」と思われるかと思います。

美容師の大脇

まず動画を見てリボンアレンジのイメージをつくっていきましょう。

簡単アレンジ動画⇩(約3分)

目次
この記事を書いてる人
美容師 大脇貴志

用意するもの

ヘアゴム、アメリカピン、100均のアレンジスティック(くるりんぱ棒)

100均のアレンジスティックは2つのスティックが入っていますが、リボンアレンジでは両方のスティックを使用していきます。

くるりんぱ棒を使ったリボンアレンジのやり方

①トップをゴムで結びハーフアップにしておき、ところどころ崩しておきます。

②結んだ毛束を3つの毛束に分けます。(左中右で3:1:3くらいの比率で分けます)

③アレンジスティックの輪っかが大きいほうを、ヘアゴムの奥に斜め上から差します。

左の毛束をつくるときのスティックの方向は左斜め上から、右の毛束をつくるときは右斜め上から差します。

④左側の毛束を輪っかの中にいれ、スティックを引きます。

⑤リボンをイメージしながら整え、クリップで仮留めしておきます。

⑥続いて逆側へ。同じようにアレンジスティックを斜め上から差し、輪っかに毛束をいれます。

⑦スティックを引き、リボンをイメージしながら整えクリップで仮留めしておきます。

⑧ピンが見えないよう裏側をピン留めしていきます。(崩れるか心配な時は上下から差しましょう)

⑨細い方のアレンジスティックを上から差し(ゴムの奥から)、輪っかに真ん中の毛束を引っ掛けます。

⑩スティクを下から抜き、リボンの結び目をつくっていきます。(毛先がけっこう残るようならもう1周しても大丈夫です)

⑪裏側から結び目をピンで固定します。

⑫毛先のひらひらの部分をコテで軽き巻き、全体を整えて完成♩

気をつける点&まとめ

どうでしたか?

アレンジスティックを使う事により、簡単に毛束をくるっとかえすことができるようになり、リボンアレンジを簡単に行う事ができます。

もしうまくいかない場合は、アレンジスティックを差す向きをもう一度確認しましょう。

斜め上から差さないと、スティックを抜いた際リボンのように形がならなくなってしまうので、しっかり向きを確認し抜く際もゆっくり抜いてみましょう。

くるりんぱ棒を使わなくてもリボンアレンジを行う事もできますが、使った方が断然つくりやすいのでおすすめです。

慣れてくると同じ要領で他の場所にもリボンアレンジをつくることができるようになります。

またくるりんぱ棒を使った小さいミニリボンアレンジがこちら。

アメピンとヘアゴム1つずつでできます♩

興味のある方は下記の記事でやり方を解説しています。

また同じ要領でアップにしてすそにまとめるリボンアレンジも紹介しています。

- 当サイト一押し!大人気の絹女シリーズ -

ストレートアイロン、カールアイロン、ドライヤー

美容師目線で全ての商品がおすすめ!

絹女シリーズのおすすめポイントをチェックしたい方は
こちらのまとめ記事にて解説しています。

大脇貴志
WRITER
HAIR CHILDREN公式ライター。美容師歴13年目。ヘアアレンジが好きで美容家電マニアでもあります。都内、埼玉県主要部で10年サロンワーク後、三重で訪問美容サロンRingoをオープンさせる。趣味は愛犬とお出かけする事。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる