売切続出!大人気・絹女シリーズのおすすめポイントをまとめて解説してます!

【比較】美容師おすすめの高級ドライヤーは?違いや選び方を分かりやすく解説します

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは。ヘアーチルドレン公式ライター・美容師の大脇です。

今回はここ数年で一気に増えた(数万以上もする)高級ドライヤーの比較ポイントや選び方を解説していきます。

最近は2〜3万前後のドライヤーがかなり増え、ドライヤー価格もどんどん高騰化している印象です。

美容師の大脇

ヘアケアを重要視する方が増え、高くても髪にいいドライヤーを使いたいという方が増えているからですね

ただ価格が数万する、いわゆる高級ドライヤーも種類がどんどん増えてきており・・

(高級ドライヤーの中で)結局どのドライヤーがいいの?

高くて失敗したくないけど、選び方が分からない・・

といった疑問を持つ方が多い事かと。

現にいろんな高級ドライヤーが登場すると「〇〇と比べるとどっちがいい?」といった質問をお客様から聞かれる事も多く、比較ポイントが分からないという方がほとんどです。

そこで今回は、美容家電マニアでもありたくさんの高級ドライヤーを使用してきた美容師が、比較ポイントや選び方を解説していければと思っております。

美容師の大脇

あくまで個人的見解ではありますが、人気の高級ドライヤーは基本どれも実際に使いながら仕上がりや違いを検証していますので、それなりのアドバイスはできるかと思っています

そして今回比較する高級ドライヤーが下記の通り。

今回比較する高級ドライヤー

それぞれのドライヤーがどんな特徴があるのか、また選び方の比較ポイントを解説していきますので是非参考にしてください。

目次
この記事を書いてる人
美容師 大脇貴志

【3万前後】高級ドライヤーのそれぞれの特徴と違いを分かりやすく説明すると・・

【レプロナイザーシリーズ】・・価格は置いておいて仕上がり重視(艶感や広がりを抑えたい)方向けのドライヤー

Bioprogramming
¥79,000 (2021/10/18 22:33時点 | Amazon調べ)
\ゾロ目の日限定クーポン配布中!/
Yahooショッピングで探す
Bioprogramming
¥57,200 (2021/10/18 23:11時点 | Amazon調べ)
\ゾロ目の日限定クーポン配布中!/
Yahooショッピングで探す
Bioprogramming
¥46,200 (2021/10/18 23:11時点 | Amazon調べ)
\ゾロ目の日限定クーポン配布中!/
Yahooショッピングで探す

まず高級ドライヤーといったらこちらのレプロナイザーシリーズ。

現在レプロナイザーは下記のラインナップがあります。

公式サイトより拝借
  • 7D plus・・【¥79,200(税込)】
  • 4D plus・・【¥57,200(税込)】
  • 3D plus (新型)・・【¥46,200(税込)】
  • 3D plus (旧型)・・【¥41,800(税込)】
  • 2D plus・・【¥27,500(税込)】

レプロナイザーシリーズは数字が上がれば上がるほど仕上がり(艶感やしっとりまとめる効果)レベルが良くなり、それに伴い価格が上がっていると理解してもらえれば大丈夫です。

美容師の大脇

個人的な印象では3Dまでは一般向けにガンガン宣伝するスタイルでしたが、4D(約6万)以降はコアユーザー向けになってきている印象です。

レプロナイザーの仕上がりはバイオプログラミングというリュミエリーナが独自で研究している技術をもとに生み出されています。そのバイオプログラミングのレベルが上がるにつれて仕上がりレベルも上がっていきます。

またその中でも上位の7D、4D、3D(新型)のスペックの違いをまとめてみるとこんな感じです。(違いは赤字表記)

一括比較!※スマホの方はスクロール

スクロールできます
7D

4D

3D(新型)

発売時期2020.122018.122019.12
価格¥79,200(税込)¥57,200(税込)¥46,200(税込)
バイオプログラミングLV.743
消費電力1200W1200W1200W
重さ758g750g744g
温度100度98℃98度
コード2.6M2.6M2.6M
風力3段階3段階3段階
風量
冷風ありありあり
スイッチボタンボタンボタン
海外××
折りたたみ×××
美容師の大脇

ご覧のように主な機能の違いはほとんどなく、バイオプロフラミングレベルの違いがそのまま価格に反映されている事が分かります

そしてレプロナイザーとはどんなドライヤーか・・

それを一言で言うならば

価格はおいておいて仕上がりに全てをかけたい方向けのドライヤー

といったところでしょうか。

価格は見ての通りドライヤーの価格帯を大幅に脱線(笑)しておりますが、仕上がりレベルは謎なくらいツヤッツヤです。

美容師の大脇

超高額、そしてバイオプログラミングというエビデンスがない技術な事から批判やアンチの方がけっこういる印象もありますが、4Dや7Dの仕上がりレベルは単純にかなり素晴らしいと思います

実際僕自身3Dから7Dまで使用してますが、仕上がりの艶感、髪をまとめる効果はこれ以上にないドライヤーだと感じています。

得に7Dの髪が広がりやすい方のボリュームを抑える効果、また癖が強い髪をまとめる効果はすさまじいくらい優秀だな〜と。

あとはブリーチ毛やカラーなどで毛先がパサついてる方にレプロナイザーで乾かすと、毛先のしっとり感が見た目でも分かるくらい変わってくる事が多いかと。(個人差はあるけど)

こちらは癖が強くて広がりやすい方の髪の毛を

「左半分を仕上がりレベルが優秀な絹女」そして「右側をレプロナイザー7D Plus」でハンドブローのみで乾かした後の写真です。

見ての通り、右側のレプロナイザー7D Plusで乾かした箇所の方がまとまっている事が分かります。

美容師の大脇

こちらは絹女が悪いというわけではなく、レプロナイザー7D Plusの癖を伸ばす効果が優秀すぎたという事になります。(絹女も仕上がりは優秀ですが、7Dがさらにその上をいったという意味です)

またこちらは、癖が強くて髪が広がってしまうとお悩みの方に対して

「左半分をレプロナイザー3D Plus」「右半分をレプロナイザー7D Plus」

でハンドブローのみで乾かしてみた時の仕上がり写真です。

見ても分かる通り、レプロナイザー7D Plusの方が癖毛が綺麗にまとまっている事が一目で分かります。

口コミを見ても「癖が強くてまとまらない」という方からの仕上がり評価がものすごく高いので

価格が高くても広がりやすい髪をまとめる効果が高いドライヤーがほしい!

という方にはレプロナイザー7D、もしくは4Dが個人的にはおすすめです。

美容師の大脇

3Dも仕上がりはいいのですが、3Dを選ぶなら今回紹介する他のドライヤーの方がコスパなどいいかな・・と個人的には思います^^;

レプロナイザーに関しては下記の記事でもまとめて解説していますので、気になる方はこちらをご覧ください。

【リファ ビューテックドライヤー】・・機能が多く、全体の総合力重視の方向けのドライヤー

名称ReFa リファ ビューテックドライヤー
発売時期2020年4月
参考価格¥36,300 (税込)
カラーホワイト、ブラック
シルバー(サロン限定)、ピンク(BCmodel)
消費電力1200W
温風温度約95℃(High)
約80℃ (Low)
風力切替2段階(High or Low)
重さ約695g(コード込み)
コードの長さ2.5M
冷風機能あり
折りたたみ×
海外使用×
主な機能プロセンシング機能
ハイドロイオン機能
・髪質にあわせて選べる2つのモード
他の商品ストレートアイロン
カールアイロン

続いて紹介するのが2020年に登場して話題となったリファのドライヤー。

リファといえば美容機器で有名なメーカーですが、最近はヘアケア製品にも力を入れており、ドライヤーの他にもヘアアイロンなども続々と登場しています。(どれもおすすめ)

リファシリーズ(アイロンもおすすめ!)

そんなリファのドライヤーですが、僕の中でどんなドライヤーか簡単に説明するとこちら。

機能が多く、全体のバランス感や総合力重視の方向けのドライヤー

バランス型タイプ(僕なりの印象ですが^^;)

正直な気持ちを書くと、仕上がりレベル、風力、使いやすさ、コスパ・・など・・

今回比較している他のドライヤーと比べて、「ここはリファがズバ抜けていい!」というような突出して優れているものはない印象なんですが、、

総合的に全体のバランスで見るとかなり優れている、というのが僕なりの印象です。(褒めてます)

そしてリファのドライヤーの主な機能としてはプロセンシング機能といって、髪の毛の温度をセンサーが感知し、60度以下になるよう自動調節してくれる機能があります。

美容師の大脇

髪は熱に弱いので、乾かしている時の髪が高温にならないよう、温風と冷風を自動で切り替えしてくれる機能になります

また高密度炭素と空気中のイオンを分子化するイオナイザー(ハイドロイオン)を放出するため、サロン帰りのような艶髪をつくりやすい設計になっています。

さらには2つのモード(モイスト、ボリュームアップ)が搭載されているので、つくりたいスタイルや自分の髪質にあわせて乾かす事ができます。

美容師の大脇

サロン帰りのようなスタイルを「自宅でも実現」しやすいような嬉しい機能が搭載されているのがリファの特徴です

リファのドライヤーに関しては下記の記事でも詳しくまとめています。

【ホリスティックキュアドライヤーモイスト】・・しっとりした仕上げにしたい方にとってコスパ最高のドライヤー

HOLISTIC cures
¥21,600 (2021/10/19 16:08時点 | Amazon調べ)
\ゾロ目の日限定クーポン配布中!/
Yahooショッピングで探す
名称ホリスティックキュアドライヤーモイスト
参考価格¥24,200 (税込)
消費電力1350W
重さ約405g (コード、ノズル別)
温風温度
風力切替2段階
冷風あり
コードの長さ3M
折りたたみ×
海外使用×
主な機能キュアクリスタルディフューザー
ハイパワー「BLDCモーター」
育成光線(テラヘルツ波)

続いて紹介するのがクレイツとホリスティックキュアーズでコラボしたホリスティックキュアドライヤーモイストになります。

まずホリスティックキュアドライヤーモイストがどんなドライヤーか聞かれると

しっとり仕上げたいけどコスパも重視する方にとって最高のドライヤー

と僕は答えます。

名前の通り、かなりしっとりした仕上がりになります!

まずホリスティックキュアドライヤーモイストは「風力2段階+冷風」という必要最低限の設計にはなりますが、かなりしっとりとした仕上がりをつくる事ができます。

ドライヤーのディフューザー(通風孔)やノズル、本体内部には、数種類の天然鉱石と多孔ミネラルをミクロサイズのパウダーにされたものが配合されており、それらが艶感あるしっとりした仕上がりを生み出す秘訣になっています。

美容師の大脇

しっとり加減はレプロナイザーと比べても遜色ないくらい個人的には優秀だな〜と感じています。癖を伸ばす効果はレプロナイザーの方が強いですが、毛先のしっとりした仕上がりはレプロナイザーと同じか、もしくはそれ以上かなと。。

ですので単純にしっとりした質感が好きな方で、かつ価格を抑えたいという方にとってはこれ以上にないドライヤーだと思います。

今回比較しているドライヤーと比べるとホリスティックキュアドライヤーモイストは一番価格が低い製品になります。

そのためしっとりした質感をつくりたい方にとってはコスパが非常に高いドライヤーともなるため、個人的にはレプロナイザーよりおすすめする事も多いドライヤーでもあります。

またホリスティックキュアドライヤーモイストについては下記の記事でも詳しく解説しています。

【ホリスティックキュアドライヤーRp.(レシピ)】・・一台で三役もできる高機能ドライヤー

名称ホリスティックキュアドライヤーRp.(レシピ)
参考価格¥33,000 (税込)
消費電力1400W
重さ約460g (コード、ノズル別)
温風温度
風力切替3段階
※一つはほぼ風がないcureモードなため、実質2段階
冷風あり
コードの長さ3M
折りたたみ×
海外使用×
主な機能キュアクリスタルディフューザー
ハイパワー「BLDCモーター」
3つのテラヘルツモードを搭載
キューティクルケアモード

こちらは先程紹介したホリスティックキュアドライヤーシリーズの最上位モデルであるRp.(レシピ)になります。

レシピという名前の通りいろんなスタイルにあわせて使用する事ができ、簡単に説明すると・・

一台で三役できる超高機能ドライヤー

になります。

そしてなぜ一台三役かというと、分かりやすく説明すると下記の通り。

美容師の大脇

もともとホリスティックキュアドライヤーは「速乾モデル」の黒と「モイストモデル」の白の2種類あったのですが、両方の機能に加え、さらにキューティクルをケアできる「CUREモード」を搭載したモデルがRp.になります。

速乾モデルはボリュームアップ用、モイストはボリュームダウンと、真逆のスタイルですがどちらにも対応でき、さらにキューティクルをひきしめアホ毛などを抑えるCUREモードが搭載!

そのため家族間で「自分はモイスト、親はボリュームアップ・・」などと、一台あればいろんなスタイルに対応できるのも魅力的です。

そしてモイストのしっとり具合は、先ほども書いた通りとてもしっとりした仕上がりになります。

さらに仕上げにCUREモードで仕上げると下記のような違いが・・!

ご覧のようにぴょんぴょんしたアホ毛をしっかり抑える事ができます。

微風のCUREモードにしてじっくり髪にあてていくだけ(低温なので熱くない)

価格としてはモイストよりは高いですが、今回紹介する高級ドライヤーの中では比較的安めの方です。

そのため機能の多さと仕上がりから価格を考えると、コスパ目線でも非常におすすめのドライヤーでもあります。

ホリスティックキュアドライヤーRp.(レシピ)に関しては下記の記事でもまとめています。

ホリスティックキュアドライヤー全比較記事はこちらから

【絹女 〜KINUJO〜】・・機能、仕上がり、速乾性、コスパ全てが優秀で、現状最もおすすめしやすいドライヤー

名称絹女 〜KINUJO〜 ヘアドライヤー
価格¥26,400 (税込)
カラー2種類(ホワイト or モカ)
重さ約363g(本体のみ)
サイズ約201(W)×50(D)×220(H)mm
消費電力1250W
風量切替3段階(低風、中風、強風)
温度切替3段階(低音、中温、高温)
モード3段階(GLOSS/SCULP/SWING)
コードの長さ2M
冷風あり
マイナスイオン
折りたたみ
海外使用×
主な機能超!軽量設計!
・2.2㎥/分の大風量(第4世代のBLDCモーター搭載)
超!遠赤外線効果
・マイナスイオン機能
3段階の温度調節機能
3段階のモード搭載(温風&冷風の自動切替モードあり)

こちらは2021年に新しく登場した絹女(キヌージョ)のドライヤーになります。

絹女はストレートアイロンカールアイロンなどが人気でしたが、新しくドライヤーも登場し、全ての絹女シリーズが美容師目線でも非常におすすめです。

絹女シリーズは全ておすすめ!

そして絹女のドライヤーはどんなものか説明するなら

機能、仕上がり、速乾性、使いやすさ、コスパ、全てが優秀すぎて個人的に一番おすすめしやすいドライヤー

と僕は答えます。

美容師の大脇

なんだかここまで言うと関係者の方のように思われるかもですが、この機能や仕上がりでこの価格は本当に謎レベル(笑)なくらい優秀すぎます・・^^;

こちらの絹女ですが、先程総合的に優れているといったリファよりも実は機能が多いんです。(そして一万ほど安い)

まず温度と風力をそれぞれ3段階で調節できる設計になっています。(3列あるボタンの左と右から調節できます)

そして驚きなのがコンパクトな設計からは想像できないくらいの風力のパワー。(もはや爆風レベル)

風力が一番強いドライヤーは後に記載のダイソンになりますが、絹女もダイソンに匹敵するくらいのハイパワーな風力を搭載しています。(風量がダイソンが2.4㎥/分に対し、絹女は2.2㎥/分)

絹女はダイソンのドライヤーと同じBLDCモーターを搭載しています。

さらには超!遠赤外線を発生させる天然鉱石が吹き出し口に採用されており、髪の毛を内部から温めながら乾かす事ができるので、さらに速乾性に優れた設計になっています。(爆風+超遠赤外線効果)

公式サイトより
美容師の大脇

必要以上に髪の表面を乾かしすぎないつくりなため、保湿力ある仕上がりを作る事ができるのもポイントです

さらに書くと下記の3つのモードも搭載されています。

  • GLOSS(グロス)・・仕上げ用で、艶感と毛先にまとまりをつくるモード
  • SCULP(スキャルプ)・・低温風設定で頭皮を保湿するモード
  • SWING(スウィング)・・温風&冷風の自動切り替えモード

こんな感じで3段階の温度調節、3段階の風力調節、3段階のモード搭載と、機能の多さが半端ない事になっています。

そして仕上がりレベルもかなり優秀で、「グロスモード」で仕上げると、非常に艶感とまとまりあるスタイルをつくる事ができます。

そこで絹女の仕上がりレベルをチェックするために、こんな検証を。

とあるモデルさん(妻ですがw)の髪の毛を

「左半分をレプロナイザー7D Plus」「右半分を絹女」で乾かしてみた仕上がりの写真がこちらです。

左半分がレプロナイザー7D、右半分が絹女

さらに毛先に注目してみると

レプロナイザー7D サイド
絹女 サイド

モデルさんはそこまで癖がない髪質なんですが、仕上がりを比較してみると、絹女の仕上がりはレプロナイザーの上位機種と比べても遜色はない結果に。

仕上がりに個人差がある事は確かですが、機能だけでなく仕上がり目線でも絹女はかなり優秀という事が分かります。

美容師の大脇

ただはじめにレプロナイザーの欄でも解説しましたが、癖が強くてまとまらない方や髪が広がる方はレプロナイザー7D Plusの方が髪をまとめる効果は高いと思います

そして絹女はコンパクトな大きさで折りたたみもでき、約363gというドライヤーとしては考えられない軽さ・・

なのに価格が¥26,400 (税込)と異常なくらいのコスパっぷり・・(もはやジャパネット化)

なんだか他のドライヤーの推しポイントがかすむくらい、絹女は超バランス型のドライヤーとってもいいかもしれません。

美容師の大脇

価格や機能、仕上がりを考えると個人的には現状一番おすすめなのも絹女です。とりあえず迷ったら絹女を選んでおけば間違いはないかと。

絹女のドライヤーに関しては下記の記事でも詳しく解説しています。

【SALONIA トリートメントミストドライヤー】・・ミストを出しながら同時に乾かす事で「しっとり」が好きな方にはたまらないドライヤー

名称サロニア トリートメントミストドライヤー
発売時期2021年6月
参考価格¥25,300 (税込)
消費電力1200W(ターボ時)
温風温度約93℃(TURBO・室温30℃)
約80℃ (SET・室温30℃)
風力切替2段階(ターボ or セット)
重さ約600g(ノズル・コード込み)
コードの長さ2M
冷風機能あり
折りたたみ
主な機能・ミストケア
・マイナスイオン
・2.3㎥/分の大風量(ターボ&ノズル装着時)
他の商品スピーディーイオンドライヤー
ストレートアイロン
セラミックカールアイロン
ミニストレートアイロン
ストレートヒートブラシ

こちらは2021年に大人気のサロニアから登場したトリートメントミストドライヤー。

そしてこちらはなんと「ミストを出しながら同時に乾かす」という新発想のもと生まれたヘアケアドライヤーになります。

HPより拝借
美容師の大脇

ご覧のようにトリートメントミストを出しながら乾かすので超しっとりな仕上がりになるのが特徴です

また気になるのがどれくらいしっとりするのか・・と思われる方も多いと思いますが、こちらに対しての僕の感想がこちら。

たくさんある他の高級ドライヤーと比べても、仕上がりのしっとりした質感は最強レベル

僕自身いろいろな高級ドライヤーを使ってきましたが、その中でもしっとり具合は一目瞭然なくらい違いが分かります。

なので「しっとりした質感が好き」「ボリュームを抑えたい」という方にはかなり満足度が高いドライヤーになるかと思います。

ただこちらのトリートメントミストドライヤーを使用するにあたり、一つ注意点があります。

それが

ミストを出すには専用セラム(別売り)を購入しなければならない

という事。

そしてミストがなくなったら新しいセラムを購入する必要があるため、(ミストケアを)使えば使うほどコストがかかる事になります。

美容師の大脇

ドライヤーの価格は高級ドライヤーの中でもやや低め(¥25,300)ですが、セラムを買い足すほどコストはかかってしまう事を頭に入れておきましょう!

しかしコストはかけてでもしっとりした質感が何より好きな方にとっては、これ以上にないドライヤーだと思います。

またミストが髪をほぐしてくれる効果もあり、速乾性が高いポイントもあります。(ミストだ出るので乾かすのに時間がかかると思いそうだが実際は逆で速乾性が高くなる)

サロニアのトリートメントミストドライヤーは下記の記事でも詳しく解説していますので気になる方は参考にしてください。

【ダイソン スーパーソニックイオニック】・・仕上がりは普通だが、速乾性はピカイチのドライヤー

名称Dyson ダイソン スーパーソニック イオニック
価格¥42,900 (税込) ※ブルー/ゴールドのみ¥58,300
カラー6種類(一部限定モデルあり)
重さ約697g
サイズ約245(高さ)×97(奥行き)×78(幅)mm
消費電力1200W
コードの長さ1.9M
風量切替3段階
温度切替4段階
モード特になし ※低音がスカルプモード
冷風あり
マイナスイオン
折りたたみ×
海外使用×
主な機能・2.4 m³/分の大風量
・3段階の風力切替&4段階の温度調節機能
他の商品ダイソン ヘアアイロン コラール

ダイソンはいわゆる高級ドライヤーの先駆け的存在といってもいいくらい、発売当初は衝撃をうけるドライヤーだった事を今でも覚えています。

2017年に一番はじめのモデルが約5万という価格で発売されたのですが、当時は数万もするドライヤーが少なかったため、お客様との話題でもよく出てくるドライヤーでもありました。

そして登場した当時からヘアビューザー(現在のレプロナイザーの初期モデル)とよく比較されたりもしていましたね。

美容師の大脇

それぞれ特徴が全く違うので本来比較するドライヤーではないんですが、価格がどちらも高い事からお客様からどっちがいいかよく聞かれておりました^^;

そんなダイソンのドライヤーですが、どんなドライヤーか簡単に説明するとこんな感じです。

大風量で速乾性ならピカイチのドライヤー

ただ速乾性という面で見ると右に出るものはいないくらい優れたドライヤーなのですが、、

仕上がり目線で見るといたって普通な印象です^^;(今回比較している他のドライヤーと比べると、という意味で)

美容師の大脇

一応マイナスイオンは搭載されていますが、今回比較している他のドライヤーと比べると、仕上がりは至って「普通」レベルです

そのため

仕上がりはそんなに重視しないけど、髪の毛を最速で乾かす事のできるドライヤーが欲しい!

という方はダイソンが一番おすすめです。

ダイソンには4段階の温度調節、さらに3段階の風力切替できます。(吹き出し口にある左右のボタンから調節できます)

高級ドライヤーの選び方は?「何」を重視するかで比較ポイントは変わってきます

高級ドライヤーの中でも特に人気なドライヤーの特徴を解説させて頂きましたが、ここからは「選び方」について僕なりのアドバイスをしていければと思います。

そして選び方についてですが、「」を重視するかで選び方もガラッと変わってきます。

美容師の大脇

どのドライヤーにもメリット・デメリットは必ずあり、残念ながら全てが完璧なドライヤーは存在しません。ですので、「何」を重視するか、優先順位を決めておくと絞りやすくなります

優先順位としてあげられる項目といえばこちら。

  • 仕上がり(艶感やボリュームを抑えたいなど)
  • 価格(なるべく安くしたいや、予算を決めておく)
  • 速乾性
  • 機能
  • 全体のコスパやバランス
  • 操作性(軽くて使いやすいなど)
  • デザイン

これらの中からある程度求めるものなどをはっきりさせておくと、どのドライヤーが自分にあっているか絞りやすくなると思います。

またここからはあくまで僕なりのアドバイス・・という事にはなりますが、特定の要素に絞っておすすめの選び方を解説していきます。

【仕上がり重視】の方におすすめのドライヤー

まず高級ドライヤーの中でも仕上がりを重視する方も多いと思いますが、今回紹介したレプロナイザーシリーズ、リファ、ホリスティックキュアモイスト、絹女はどれも仕上がりは優秀です。(仕上がり重視だとダイソンは外してOK)

ただその仕上がりといっても「艶をだしたい」「しっとりまとめたい」「ふわっとボリュームを出したい」など、人によって求める仕上がりはそれぞれ違います。

そこで全てのドライヤーを使ってきた美容師として、それぞれのドライヤーがどんな仕上がりになるか特徴をまとめておきますので参考にしてください。

高級ドライヤーの仕上がりの特徴 (※個人的見解ですが)
  • レプロナイザー→艶がすごい、髪をまとめる、ボリュームを抑えるなど仕上がり目線一択だと選んで間違いなし(特に7D)
  • リファ→他の高級ドライヤーと比べるとサラッと軽い質感。(モイストモードもあるが、他の高級ドライヤーの方がしっとり感は出やすいかも・・)あと唯一ボリュームアップモードが搭載されている
  • ホリスティックキュアモイスト→かなりしっとりした仕上がりで、保湿効果を感じやすい仕上がりになりやすい
  • 絹女→「グロスモード」で仕上げるとしっとり仕上げる事ができ、癖毛の方でも全体のまとまり感が優秀

やはり艶感を出したい方やなによりボリュームを抑えたい方はレプロナイザーの7D、もしくは4Dが一番効果を感じやすいドライヤーだと思います。(3D選ぶならコスパ的にも他のドライヤーでもいいかと・・)

また価格を抑えつつしっとり感を求めたい方はホリスティックキュアモイストがコスパも良くおすすめです。

【コスパ重視】なるべく安くて優秀なおすすめのドライヤー

今回紹介する高級ドライヤーを比較すると、価格が25,000円〜8万とかなり価格差があります。

そして僕自身全て使ってきた経験から、コスパがすごいな〜と思ったのは絹女とホリスティックキュアモイストです。

絹女・・¥26,400(税込)
ホリスティックキュアモイスト・・¥24,200 (税込)

特に絹女に関しては先ほども解説した通り、仕上がりや機能、操作性など全ての面で優秀なのに価格が¥26,400(税込)と、コスパが半端ない事になっています。

またホリスティックキュアモイストに関しても機能は少ないですが、しっとりした質感をつくりたい方にとってはかなりコスパ優秀なドライヤーになるかと思います。

【速乾性重視】したい方におすすめのドライヤー

速乾性を何より重視したい方にはやはりダイソンがおすすめです。

パワフルで大風量といったらダイソンが圧倒的に優れており、髪の毛が多い方やロングの方で「少しでも早く乾かしたい!」という方はダイソンが大本命かなと。

またダイソンは高い・・という方は先程紹介した絹女もかなりの大風量を搭載しています。

絹女も大風量!

公式の数値だと風量がダイソンが2.4㎥/分に対し、絹女は2.2㎥/分

そこでダイソンの速乾性を[5]とした時の他のドライヤーの速乾性は下記のようなイメージです。(あくまで僕自身が使ってみた感じた速乾性の比較です)

速乾性比較(※あくまで個人的見解です)
  • ダイソン 
  • 絹女 
  • レプロナイザー 
  • リファ 
  • ホリスティックキュアモイスト 

下記の記事では速乾性重視で大風量のドライヤーをランキング形式でまとめていますので、気になる方は参考にしてください。(もちろんダイソンが1位です!)

【2021】大風量ドライヤーランキング!速乾に優れたおすすめのドライヤーを美容師が徹底調査

機能の多さや全体の【バランスを重視】したい方におすすめのドライヤー

全体のバランスが優れていて、なるべく多機能のドライヤーを使いたい方には、ホリスティックキュアドライヤーRp(レシピ)、絹女、リファがおすすめです。

まずホリスティックキュアドライヤーRp.は一つのドライヤーで三役もの機能を備え、様々なスタイルに対応し、加えてヘアケア目線でも優秀な機能を備えています。

また絹女は温度と風量をそれぞれ3段階で調節できる設計になっており、さらには3つのモード(スウィング、スキャルプ、グロス)も搭載されています。

ただデメリットとしては「冷風のみ」出すにはボタンを押し続ける必要がある事です。また「スウィングモード」にすると、温風と冷風を自動で切替してくれます。

続いてリファはプロセンシング機能といって髪の毛の温度をセンサーが感知し、髪の毛の温度が60度以下にならないよう自動調節(温冷風を自動切替)してくれる機能がありますし、髪質にあわせて「モイスト」か「ボリュームアップ」を選ぶモードも搭載しています。

美容師の大脇

いつも同じ設定ではなく、いろんな機能やモードを使いながら乾かしていきたいという方には絹女かリファがおすすめです

【操作性重視】軽くて使いやすいおすすめのドライヤー

最近のドライヤーは多機能を求めるがあまり、重さもどんどん重量化しています。

特に700g前後のドライヤーも多く、「乾かしている最中に腕が疲れてきた・・」なんて感じた方も多いかと。

そこで

なるべく軽くて乾かしていても腕が疲れにくいドライヤーがいい!

という方には下記のドライヤーがおすすめです。

絹女・・約363g(本体のみ)
ホリスティックキュアモイスト・・約405g(本体のみ)

上記の2つは持った瞬間に「軽・・!」と思うくらいかなり軽量化されたドライヤーです。

またダイソンはこちらの2つに比べるとちょっと重たいですが、ドライヤーのデザインがかなり独特なデザインになっています。

はじめて使う方は慣れるまでに少し時間がかかるかと思いますが、慣れてくると「操作しやすい!」「乾かしやすい!」と感じる方が多い印象でもあります。

美容師の大脇

ちなみにレプロナイザーシリーズやリファは約700g前後とけっこう重たいです。。(レプロナイザーは絹女2台分の重さもある^^;)

最後に 

最後にまとめです。(長くまで読んでくださりありがとうございます)

各ドライヤーの特徴や比較ポイント、選び方を僕なりにまとめさせてもらいましたが、、

改めてまとめてみると絹女のドライヤーのすごさがかなり分かりやすいですね。

重要視する項目のおすすめほとんどに絹女が入ってくるため、現状最もおすすめしやすいドライヤーは絹女といってもいいくらい買って間違いはないドライヤーかなと思います。

美容師の大脇

なんだかゴリ押ししてるようにもなってしまいましたが、それくらい実際に比較すればするほど優秀さが浮き彫りになります^^;

それもそのはずで、絹女はお客様の「ドライヤーに求めたいもの」から設計されたドライヤーでもあります。

公式サイトより拝借
公式サイトより拝借

お客様のドライヤーに求めるものから設計されたため、満足度が非常に高めの仕上がりになっている事が分かります。(それにしてもこの価格は安すぎるかと・・)

ただ絹女に限らず他の高級ドライヤーもそれぞれ際立った優秀ポイントがありますので、その方それぞれ「何」を重要視するかで選び方やおすすめも変わってきます。

美容師の大脇

それでも迷うなら最終的には一番ビビッときたデザインのドライヤーを選びましょう!長く愛用していきたいので、気に入ったデザインであるかないかは割と重要です。(けっこう真面目に)

今回の記事が、高級ドライヤーを選ぶ上で少しでも参考になれば嬉しいです。

大風量で速乾性重視のドライヤーまとめはこちらから

- 当サイト一押し!大人気の絹女シリーズ -

ストレートアイロン、カールアイロン、ドライヤー

美容師目線で全ての商品がおすすめ!

絹女シリーズのおすすめポイントをチェックしたい方は
こちらのまとめ記事にて解説しています。

大脇貴志
WRITER
HAIR CHILDREN公式ライター。美容師歴13年目。ヘアアレンジが好きで美容家電マニアでもあります。都内、埼玉県主要部で10年サロンワーク後、三重で訪問美容サロンRingoをオープンさせる。趣味は愛犬とお出かけする事。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる