売切続出!大人気・絹女シリーズのおすすめポイントをまとめて解説してます!

【高級ドライヤー】リファvs絹女!どっちがおすすめ?違いや比較ポイントを美容師が解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは。ヘアーチルドレン公式ライター・美容師の大脇です。

今回は高級ドライヤーの中でも特に大人気のReFa(リファ)絹女の比較記事になります。

美容師の大脇

違いや比較ポイント、どっちがおすすめか?という疑問に対し、両方使用してきた美容師が解説していきます!

まずはじめに僕個人としての結論ですが

リファと絹女のドライヤーはどっちがおすすめ?

という疑問に対して答えると、どちらも美容師目線で自信を持っておすすめできるドライヤーになります。

どちらも美容師目線でおすすめ!

高級ドライヤーを購入する方は特に「仕上がり」を重視している方がほとんどだと思いますが、リファも絹女も仕上がりの艶感やまとまり具合は優秀で、ヘアケアを重視している方からの満足度は高いドライヤーです。

ただ、細かい機能や使い心地、総合的なコスパ目線で比べると、個人的には絹女の方がおすすめしやすいポイントがあるな〜というのが率直な感想です。

それではリファと絹女のドライヤーの違いを分かりやすく解説し、比較ポイントをまとめていきたいと思います。

どちらかで迷っている方は是非参考にしてください。

目次
この記事を書いてる人
美容師 大脇貴志

リファ ビューテックドライヤーの基本情報

美容師目線の評価

総合おすすめ度
仕上がり
機能
速乾性
操作性
コスパ
名称リファ ビューテックドライヤー
発売時期2020年4月
参考価格¥36,300 (税込)
カラーホワイト、ブラック
シルバー(サロン限定)、ピンク(BCmodel)
消費電力1200W
温風温度約95℃(High)
約80℃ (Low)
風力切替2段階(High or Low)
重さ約695g(コード込み)
コードの長さ2.5M
冷風機能あり
折りたたみ×
保証1年
主な機能プロセンシング機能
ハイドロイオン機能
髪質にあわせて選べる2つのモード
他の商品ストレートアイロン
カールアイロン

リファのドライヤーの主な機能としてはプロセンシング機能といって、髪の毛の温度をセンサーが感知し、自動で温冷風を放出してくれる機能です。

髪の毛の表面温度が60度以上にならないよう乾かす事ができ、ヘアケアを重視したい方に満足度の高いドライヤーとなっています。

またモードでは「モイスト」「ボリュームアップ」があり、好みのスタイルにあったモードを選択する事ができます。

詳しくはこちらから

絹女 〜KINUJO〜 ドライヤーの基本情報

美容師目線の評価

総合おすすめ度
仕上がり
機能
速乾性
操作性
コスパ
型番KH001・・ホワイト
KH002・・モカ
発売時期2021年3月
価格¥26,400 (税込)
重さ約363g(本体のみ)
サイズ約201(W)×50(D)×220(H)mm
消費電力1250W
コードの長さ約2M
風量切替3段階(低風、中風、強風)
温度切替3段階(低音、中温、高温)
モード3段階(GLOSS/SCULP/SWING)
冷風
マイナスイオン
折りたたみ
海外使用×
2種類(ホワイト or モカ)
保証1年
主な機能超!軽量設計!
・2.2㎥/分の大風量(第4世代のBLDCモーター搭載)
超!遠赤外線効果
・マイナスイオン機能
3段階の温度調節機能
3段階のモード搭載(温風&冷風の自動切替モードあり)
他の商品ストレートアイロン
カールアイロン
絹女 W

絹女のドライヤーは2021年3月に発売して以来、何度も売り切れになっているほど人気のドライヤーです。

人気の理由はドライヤーの中でもかなりコンパクト、かつ軽量設計なのに大風量で速乾性にかなり優れている事がポイントです。

また仕上がり面でも「モイストモード」で仕上げた後の艶感やまとまり具合はかなり優秀レベル。

そして価格が¥26,400 (税込)と、3〜5万する高級ドライヤーの中でも価格が低めになっており、コスパがかなり優れているのも大人気の理由です。

美容師の大脇

美容師目線で見ても、個人的には高級ドライヤーの中では絹女が一番おすすめしやすいドライヤーです!

詳しくはこちらから

リファと絹女のドライヤーの違いを比較表にしてみると・・

リファと絹女のドライヤーの違いを、表にしてまとめてみましたので参考にしてください。

リファ絹女
発売時期2020年4月2021年3月
価格¥36,300 (税込)¥26,400 (税込)
重さ約695g約363g
サイズ約246(W)×81(D)×232(H)mm約201(W)×50(D)×220(H)mm
消費電力1200W1250W
コードの長さ2.5M2M
風量切替2段階3段階
温度切替なし3段階
温冷風自動切替ありあり
モード2段階
(モイスト、ボリュームアップ)
3段階
(スウィング、スキャルプ、モイスト)
冷風ありあり
マイナスイオンあり ※ハイドロイオンあり
保証1年1年
折りたたみ×
海外××

使い心地を比較してみると・・

続いてリファと絹女のドライヤーを使用してみた使い心地の比較です。

リファ絹女
仕上がりの艶感
仕上がりのしっとりさ
風量(速乾性)
1.3㎥ / 分

2.2㎥ / 分
重さ(操作性)
大きさ(コンパクト)
機能の多さ
コスパ
※¥36,300 (税込)

※¥26,400 (税込)
美容師の大脇

あくまで僕自身が両方使用してみた感じたレビューにはなりますが、上記を見てもらえると分かるように、絹女の方が優れているポイントが多い印象です。(なのでコスパは星5+α!)

リファと絹女のドライヤーの違いを美容師がかんたんにまとめてみると・・

先程比較したもリファと絹女のドライヤーの違いを、美容師が分かりやすくまとめてみるとこんな感じです。

リファと絹女のドライヤーの違い
  • 仕上がりの艶感はリファも絹女もどちらも同じくらい優秀
  • ただしっとりした仕上がりは絹女の方がやや優秀(リファはサラッとした質感)
  • リファは機能が多いが、絹女はさらに機能が多い
  • 風量は圧倒的に絹女が上で、絹女の速乾性はかなり優秀
  • リファは本体がけっこう大きいのに対し、絹女はかなりコンパクト(折りたたむ事もできる)
  • さらに重さがリファが695gに対し、絹女は363gと、、絹女は超軽量設計
  • 価格は絹女の方が1万ほど安く、コスパ目線だと絹女は最強レベル

なんだかこうまとめてみると絹女の方がかなりおすすめポイントが多くなりますね。。(言っておきますが忖度ではありません。笑)

まずリファは数あるドライヤーの中で「機能」に優れたドライヤーとして分類されますが、絹女はさらに機能が多くなっております。

リファ絹女
風量切替2段階3段階
温度切替なし3段階
モード2段階
(モイスト、ボリュームアップ)
3段階
(スウィング、スキャルプ、モイスト)

また風量は圧倒的に絹女が優れており、よって速乾性も絹女の方が優れています。

リファ絹女
風量1.3㎥ / 分2.2㎥ / 分
速乾性
美容師の大脇

絹女は数あるドライヤーの中でも風力パワーがあり、速乾性重視の方にかなりおすすめのドライヤーとなっています!(ちなみに1位はダイソン)

【2021】大風量ドライヤーランキング!速乾に優れたおすすめのドライヤーを美容師が徹底調査

続いて操作性についてですが、本体の大きさはリファの方が一回り大きくなっており、重さも絹女の約2倍くらいになっています。

リファ絹女
大きさ約246(W)×81(D)×232(H)mm約201(W)×50(D)×220(H)mm
重さ約695g約363g
絹女は超軽量設計

よって絹女のドライヤーは乾かしていても腕が疲れにくいというメリットがあります。

美容師の大脇

リファは本体が重たいので落として壊れたという声をちらほら見かけます。僕の先輩もサロンでリファのドライヤーを使っていましたが、仕事中に落としてフィルターのあたりが割れておりました^^;

リファはちょっと重たいので落とさないよう注意!

最後に価格を比べてみると下記の通り。

リファ絹女
価格¥36,300 (税込)¥26,400 (税込)
コスパ
価格は絹女の方が1万ほど安い!

価格を見ても分かる通り、絹女の方がおすすめポイントが多いのになぜか1万ほど安くなっています。

ちなみにこれに対してはリファのコスパが悪いというわけではなく、絹女の価格設定がちょっと安すぎるかな・・という印象ですね^^;

最近は4〜5万、さらには8万ほどするドライヤーが増えている中、絹女のドライヤーはそれらに匹敵(もしくは上)なくらいおすすめポイントが高いのになぜか¥26,400 (税込)という価格に。。

美容師の大脇

個人的にはリファより高くてもいいんじゃない・・?と思うほどですが、安いに越した事はないので購入する側からすると嬉しい限り。

とはいっても1点、絹女にもデメリットがある

いろんな視点から絹女の方が優れているポイントがいくつかありましたが、逆にお伝えしなければならないデメリットが1点あります。

それが「冷風のみ」出す時は、絹女はボタンを「押したまま」でなければならないという事。

リファはボタンで切り替えれば冷風のみ出す事ができますが、絹女はボタンを押したままでないと冷風が出せません。

握る部分のちょっと上にあるボタンを押したまま乾かすと冷風が出ます
美容師の大脇

ただこれに関しては、絹女は「スウィングモード」にすると、ボタンを押さなくても温風と冷風を自動で切り替える事ができます。

なので絹女は「冷風のみ」出すにはボタンを押さないといけない事が唯一のデメリットにあげられます。

結論!美容師から見てどちらもおすすめドライヤーですが、個人的には絹女の方がおすすめポイントはかなり高め

あれこれ書かせて頂きましたが、やはり細かく比較してみると絹女の方がおすすめポイントは高い印象です。

ただはじめにも書きましたが、どちらも美容師目線で見ても非常におすすめできるドライヤーですので、どちらも買って間違いはないドライヤーです!

また、どうしても決められない・・という場合は「好みのデザイン」で決めるのも全然ありかと。

ここまで比較しておいてデザインかよと思われそうですが、自分の中で好みのデザインを選ぶのはかなり重要だと思っています。

なぜならドライヤーは毎日使うものなので、愛着あるドライヤーの方が「ちゃんと乾かそう」という気分になり、ヘアケアに対する意識もより高まりやすいですからね。

あとは置いてあるドライヤーを見てもなんだかテンションが上がりますし。(自分だけ…?w)

美容師の大脇

絹女のコンパクトなデザインもかなり好きですが、高級感でいったらリファのドライヤーが個人的には圧勝です

今回の記事が、リファと絹女のドライヤーで悩んでいる方の参考に少しでもなれば嬉しいです。

おすすめ高級ドライヤーはこちらから

- 当サイト一押し!大人気の絹女シリーズ -

ストレートアイロン、カールアイロン、ドライヤー

美容師目線で全ての商品がおすすめ!

絹女シリーズのおすすめポイントをチェックしたい方は
こちらのまとめ記事にて解説しています。

大脇貴志
WRITER
HAIR CHILDREN公式ライター。美容師歴13年目。ヘアアレンジが好きで美容家電マニアでもあります。都内、埼玉県主要部で10年サロンワーク後、三重で訪問美容サロンRingoをオープンさせる。趣味は愛犬とお出かけする事。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる