売切続出!大人気・絹女シリーズのおすすめポイントをまとめて解説してます!

【約5万】ヘアビューロンvsダイソン!どっちのアイロンがおすすめ?比較ポイントを美容師が分かりやすく解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは。ヘアーチルドレン公式ライター・美容師の大脇です。

今回は約5万!の高級ストレートアイロンである「ヘアビューロン」と「ダイソン コラール」を徹底比較していきます。

Bioprogramming
¥49,500 (2021/10/18 23:36時点 | Amazon調べ)
\ゾロ目の日限定クーポン配布中!/
Yahooショッピングで探す

まずヘアビューロンは最新モデルの7D Plusが約7万、そして4D Plusが約5万。

続いて2021年に新しく登場したダイソンのヘアアイロン コラールが約5万4000円。

そこで今回は価格が近く、多くの方が気になるであろう下記のモデルを比較。

今回比較するモデル
  • ヘアビューロン4D Plus・・¥49,500(税込)
  • ダイソン ヘアアイロン コラール・・¥53,900(税込)
ヘアビューロン4D Plus vs ダイソン

お互い5万前後もするので、どちらを購入すればいいか迷っている方の参考になればと思います。

美容師の大脇

2つのアイロンの特徴、違い、選び方を両方使用してきた美容師が解説していきます!

目次
この記事を書いてる人
美容師 大脇貴志

ヘアビューロン ストレートの基本情報

Bioprogramming
¥49,500 (2021/10/18 23:36時点 | Amazon調べ)
\ゾロ目の日限定クーポン配布中!/
Yahooショッピングで探す
名称ヘアビューロン 4D Plus
参考価格¥49,500(税込)
発売時期2018.4
温度40〜180℃
重さ約422g
コードの長さ2M
主な機能・バイオプログラミング
・自動電源オフ機能

上記は2018年に登場した4D Plusですが、最新モデルは2021年に登場した7D Plusになります。

Bioprogramming
¥71,500 (2021/10/18 21:37時点 | Amazon調べ)
\ゾロ目の日限定クーポン配布中!/
Yahooショッピングで探す

主な違いは仕上がりレベルを左右する「バイオプログラミングレベルの違い」のみと理解してもらって大丈夫です。

ヘアビューロンシリーズは仕上がりの艶感や柔らかさをとにかく重視したい方に愛用されているシリーズです。

ヘアビューロンシリーズ

ちなみに4Dと7Dの違いは下記のようになります。

7D Plus4D Plus 
参考価格¥71,500(税込)¥49,450(税込)
発売時期2021年2月2018年4月
温度40〜180℃40〜180℃
重さ448g422g
コードの長さ2M2M
バイオプログラミング7D4D
メタリックグリーンブラック&ゴールド
美容師の大脇

価格はおいておいて仕上がりの艶感を重視したい方は7Dが一番おすすめですが、個人的には4Dでも十分に仕上がりの良さは体感できるモデルですので、全体的なコスパを考えると4Dがおすすめしやすい・・というのが正直な印象です。

ダイソン ヘアアイロン コラールの基本情報

名称Dyson Corrale へアアイロン (ダイソン コラール)
参考価格¥53,900(税込)
温度165℃・185℃・210℃
(3段階調節)
重さ561g
コードの長さ3.31M
サイズ4.5×29.2×4.1cm
主な機能・フレックスプレート
・インテリジェント・ヒートコントロール
・コードレスでも使用可能
・360℃回転マグネット式充電器
・自動電源オフ機能

ダイソンコラールの特徴はコードレスで使用できる事、またフレックスプレートが髪の毛へのテンションを均一にしてくれるので、少ない回数でストレートにできるパワーがかなり優れている事があげられます。

特にコードレスでも使用できるストレートアイロンとなると、機能や使い勝手が格段に下がるのが一般的ですが、ダイソンのコラールはメインでも使える最強のコードレスアイロンになります。(ただ持ち運ぶには重いという最大のデメリットがあるが・・)

また温度上昇が爆速な事や、コテでつくるような巻き髪スタイルもつくる事ができます。(なのでストレートアイロンではなく「ヘアアイロン」という商品名になっている)

ヘアビューロンとダイソンコラールの違いを比較表にまとめてみると・・

ヘアビューロン4D Plusとダイソンコラールの違いを比較表にまとめてみるとこんな感じです。

ヘアビューロン4D ダイソン コラール
価格¥49,450(税込)¥53,900(税込)
発売時期2018.42021.6
温度40〜180℃
(7段階調節)
165℃・185℃・210℃
(3段階調節)
重さ422g561g
大きさ2.9×29.3××8.5cm ※使用4.5×29.2×4.1cm
コードの長さ2M3.31M
コードレス×
自動電源オフ
海外×
保証最大1年半最大2年

また個人的な感想も混ざりますが、使い心地の違いをまとめてみるとこんな感じです。

ヘアビューロン4Dダイソン コラール
仕上がり
(艶感や触り心地)
温度上昇の早さ
※165度までの到達時間

約2分5秒

約22秒
重さ(操作性)
癖を伸ばす力

ヘアビューロンとダイソンコラールの違いを簡単に美容師がまとめてみると・・

スペックや使い心地の違いを表にまとめさせて頂きましたが、ヘアビューロンとダイソンコラールの主な違いを簡単にまとめてみると下記の通り。

ヘアビューロンとダイソンコラールの違い
  • 仕上がりの艶感はどちらもかなり素晴らしいが、ヘアビューロンの方が触り心地がツルンとした感じ
  • 癖の伸ばしやすさはダイソンが圧勝!
  • 重さが140gほどダイソンが重いが、数字以上に重く感じやすい
  • ただダイソンはコードレスでどこでもスタイリングができる
  • 温度上昇の早さは圧倒的にダイソンが早い!(ヘアビューロンはかなり遅い)
  • 前髪などの細かい箇所はヘアビューロンの方がやりやすい(ダイソンは大きいので不向き)
美容師の大脇

こうまとめてみると、どちらもメリット・デメリットがはっきりしている印象です^^; それでは上記の点をさらに深堀しながら解説していきます。

仕上がりの艶感はどちらもかなり素晴らしいが、ヘアビューロンの方が触り心地がツルンとした感じ

まず多くの方が一番気になるであろう仕上がりの違い。

こちらに関してはどちらも仕上がりの艶感は素晴らしく、見た目ではそこまでの違いは感じられません。

というのも左右半分に分け、ヘアビューロンとダイソンでそれぞれスタイリングしてみましたが、見た目での違いは分かりにくいという結果になったからです。

ご覧のように仕上がりの艶感はどちらも素晴らしく、見た目での違いははっきり言って分からないレベルかと。。(もちろん個人差はあるが)

ただ「触感」に絞って比較してみると、モデルさんに実際に触って比較してもらったところ

こっちの方が(ヘアビューロンの方が)ツルンと指通りがいい!

との事。

仕上がりの柔らかさや触り心地は、ヘアビューロンの方が効果を感じやすいという結果に。

癖の伸ばしやすさはダイソンが圧勝!

また癖の伸ばしやすさ(一発でストレートにできる力)はダイソンが圧勝です。

ヘアビューロンは何往復かし、じっくりプレートに挟みながらスタイリングする事で仕上がりの良さを感じやすくなるため、スタイリングに少し時間がかかってしまいがちです。

しかしダイソンコラールはフレックスプレートが髪の毛のテンションを均一にしながらスタイリングできるため、少ない回数で癖を綺麗に伸ばしやすくなっています。

ダイソンコラールは他のヘアアイロンのように「何往復」もせず、短時間でも癖を綺麗に伸ばす事ができるのが特徴です。

重さが140gほどダイソンが重いが、数字以上に重く感じやすい

そして重さを比較してみるとヘアビューロンが422g、そしてダイソンが561g。

数字だけ見ると140gほど変わるくらいですが、こちらは思っている以上にダイソンコラールは重たく感じやすいかと思います。

美容師の大脇

ほとんどの方が「重い・・」と第一印象で感じるのでは?てくらいダイソンは重たいのが最大のデメリットです^^;

そのため操作性という観点から比較してみると、ヘアビューロンの方が軽くて操作しやすいアイロンかと思います。

ただその分ダイソンは短時間でスタイリングしやすいパワフルな設計になっており、長時間使用する事がないようなアイロン設計になっています!

美容師の大脇

ダイソンコラールは家電量販店で販売しているケースが多いので、そこで実際に手で持ってみるといいと思います!

ダイソンはコードレスでどこでもスタイリングができる

またダイソンは充電式のコードレスでどこでもスタイリングができるという大きなメリットがあります。

そして意外とコードレスで使用できるというのが、個人的には思っていた以上に快適でした。

いつもコードを挿して使用していたヘアアイロンでしたが、コードレスの快適さは思っていた以上に◎です。(これも個人的感想ではあるけど)

ダイソンは充電式ですが、充電がない場合はマグネットタイプのコンセントを本体に装着しながら使用する事もできます。

温度上昇の早さは圧倒的にダイソンが早い!(ヘアビューロンはかなり遅い)

続いて温度上昇の早さですが、ダイソンは爆速レベルに対し、ヘアビューロンはかなり遅いという大きな違いもあります。

165度までの温度上昇を計測してみたところ・・(※ヘアビューロンは160度で計測)

ダイソンが約22秒、そしてヘアビューロンが約125秒と、同じ温度到達タイムでも100秒ほど変わってくる結果に。

ヘアビューロンの温度上昇はかなり遅い事でも有名であり、事前にスイッチをつけておくという方も多いかと。。

ヘアビューロンシリーズは温度上昇がかなり遅め

しかしダイソンは約20秒ほどで温度到達するため、スタイリング時に電源を入れても十分に間に合うレベルです。

で、ヘアビューロンとダイソンはどっちがおすすめなの?【選び方】

そしてヘアビューロンとダイソンが気になっている方で一番感じるであろう下記の疑問。

ヘアビューロンとダイソンはどっちがおすすめ?!

こちらの疑問に対しては僕からの回答は下記の通り。

美容師の大脇

どちらも特徴がはっきり違うアイロンなため、一概にどっちがおすすめと決める事は難しい・・

えぇ・・すぱっとこっちがおすすめ!と言いたいところですが、どちらにもいいポイントがあるため、一概におすすめを決める事は難しいというのが本音です^^;

ただ「」を重視するかで選び方は変わってきますので、下記を基準に選んでもらえるといいかなと思います。

ヘアビューロンとダイソンの選び方
  • 少しでも仕上がりの良さを重視したいのであればヘアビューロン
  • スタイリングの時間、癖を伸ばす力を重視したい方はダイソン
  • コードレスでどこでも使用できるのが魅力的な方はダイソン
  • 軽くて操作しやすい方を重視したい方はヘアビューロン
  • 前髪など細かい箇所もスタイリングするならヘアビューロン
美容師の大脇

他にも比較ポイントはありますが、先程まとめた比較表をもとに、重視したい項目を整理しながら選ばれる事をおすすめします!

最後に

今回はヘアビューロン4D Plusとダイソンコラールを比較させて頂きました。

ともに価格が約5万!という超高額アイロンなため、買って失敗は絶対にしたくないというのがどの方の本音でもあります。

ただヘアビューロン4D Plusもダイソンコラールも価格帯は同じですが、アイロンの「特徴」はかなり変わってきます。

美容師の大脇

どちらのアイロンも「コンセプト」が違うため、2つの特徴をしっかり理解しておくのが選ぶ上で一番大切な事かなと僕は思います。

また最後に個人的な感想を書くと、どちらも5万と超高額なアイロンですが、2万弱でもかなり優秀でおすすめなストレートアイロンもあります。

それが「絹女」というアイロンであり、個人的にも今あるアイロンの中では最もおすすめする事が多いストレートアイロンでもあります。

絹女 〜KINUJO〜 ¥19,800(税込)

絹女は総合的な機能や仕上がりレベルが優秀で、コスパで見ると最強レベルといってもいいくらいかなり優秀です。

今回比較したヘアビューロン4D Plusとダイソンと絹女を比べてみると下記の通り。

スクロールできます
絹女ヘアビューロン4Dダイソン
価格¥19,800¥49,500¥53,900
温度130℃〜220℃
(10段階調節)
40〜180℃
(7段階調節)
165℃・185℃・210℃
(3段階調節)
温度上昇
重さ390g422g561g
仕上がり
癖を伸ばす力
コスパ

実際に全て使ってきた僕自身の感想ではありますが、5万もするヘアビューロンやダイソンと比べても絹女はかなり優れている事が分かるかと思います。

絹女に関しては下記の記事でも解説していますので、気になる方はこちらを参考にしてください。

以上、ヘアビューロンとダイソンの違いや選び方を解説させて頂きました。

少しでも参考になれば嬉しいです。

- 当サイト一押し!大人気の絹女シリーズ -

ストレートアイロン、カールアイロン、ドライヤー

美容師目線で全ての商品がおすすめ!

絹女シリーズのおすすめポイントをチェックしたい方は
こちらのまとめ記事にて解説しています。

大脇貴志
WRITER
HAIR CHILDREN公式ライター。美容師歴13年目。ヘアアレンジが好きで美容家電マニアでもあります。都内、埼玉県主要部で10年サロンワーク後、三重で訪問美容サロンRingoをオープンさせる。趣味は愛犬とお出かけする事。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる