Instagramでも役立つヘアケア情報を更新中

フィッシュボーンできない人必見!やり方を美容師が超かんたんに解説!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
美容師の大脇

こちらの記事では大人気のヘアアレンジの一つでもある「フィッシュボーン」のやり方を美容師が簡単に解説していきます!

まずフィッシュボーンとはどんなスタイルかというと・・・

こんなデザインをしたアレンジになっています。

なぜフィッシュボーンかというと、見た目が「魚の骨」に似ているからそう呼ばれているみたいです。(へぇ〜って感じですが笑)

そしてデザインを見ると

なんだか難しそう・・・

と思われそうですが、実はかんたんなアレンジなんです。

どれくらい簡単かというと、、

編み込みできなくても三つ編みさえできれば作れるくらい簡単!

ってところでしょうか。

美容師の大脇

今日はフィッシュボーンを苦手だと思っていた方が理解できるよう、簡単に解説していきます。

タップできる目次
この記事を書いてる人
美容師 大脇貴志

フィッシュボーンのやり方 (動画編)

アレンジ動画を見る前に、以下の行程だけ頭に入れておいてください。

髪を2つに分けます
右の「外側」から少し毛束をとり真ん中へ
左の「外側」から毛束を少しとり真ん中へ
右の「外側」から毛束を少しとり真ん中へ
右の「外側」から毛束を少しとり真ん中へ

こちらの画像を見ても分かるように基本的な作業はとてもシンプルなんです。

髪の毛を2つに分け、左右の「外側」から少し毛束をとり、交互に重ねるだけ

2つに分けて重ねていくだけなので、三つ編みより簡単かもしれません。

以上の事を頭に入れながら動画を見れば、さらに分かりやすいかと思います。

ではこちらのアレンジ動画をご覧ください⇩(約3分)

それでは画像とテキストでも解説していきます。

フィッシュボーンのやり方(テキスト&画像編)

まず動画編のはじめに記載した図解を見ていない方は、図解をご覧ください。

髪の毛を2つに分けます。


右の「外側」から毛束を少しとり真ん中へ


左の「外側」から毛束を少しとり真ん中へ


こちらの繰り返しになります。左右の「外側」にある毛束を交互に重ねていくだけ


毛先までできたらゴムで結びます。

編み目を少しづつ引き出し崩していくと可愛くなります。


一気に崩しすぎず、少しづつ編み目を引き出していきましょう。

毛先にかけてだんだん細くなるようシルエットを作っていくとバランスがいいです。

バランスを整えて完成です。


気をつける点&まとめ

基本的な動作は三つ編みより簡単なので、つくり方さえ理解できれば誰でもできると思います。

またテキストで見るよりも動画の方が分かりやすいかと思います。

美容師の大脇

左右から毛束を交互に重ねていくだけなので、難しく考えすぎずにリズムよく進めていくのがポイントです!

右!左!右!左!とリズム良く♩

編んでいく際は髪の毛が自然に落ちている位置で編んでいくこと!

髪の毛を持ち上げながら編んでいくと、おろした時に編み目が曲がってしまうシルエットになりがちです。

美容師の大脇

テンションはかけずに、髪の毛が落ちている位置でゆっくり下に移動しながら編んでいきましょう。

「外側」からとる毛束は細かくとるのがポイント

フィッシュボーンのデザインはなんと言っても細かい編み目状のデザイン。

「外側」からとる毛束は細かければ細かいほど編み目も細かくなります。

ただ細かくすればするほど時間もかかるので、ついついとる量を多くなりがちですが、、

美容師の大脇

細かく毛束をとっていく方がフィッシュボーンらしいデザインに近づきますので、なるべく細かく重ねていきましょう!

編み目のデザインの違いに関しては、下記の画像を見て頂くとわかりやすいかと思います。

左がざっくりと、右は細かくとっています

見てみると一目瞭然ですね。

是非この記事を読んでフィッシュボーンが理解できれば嬉しく思います。

またフィッシュボーンは、全体的に軽く巻いておくとさらにやりやすくなります。

美容師の大脇

特に硬毛の方や直毛の方は、コテで中間〜毛先を巻いてからアレンジする事をおすすめします!

下記の記事ではおすすめのコテを美容師目線でまとめていますので、参考にしてみてください。

【売切】大人気KINUJO Dryerが入荷決定!

お客様の要望から逆算された超多機能ドライヤー

超軽量! 艶感よし! 超速乾!高機能!

KINUJOドライヤーのレビュー記事はこちらから

大脇貴志
WRITER
HAIR CHILDREN公式ライター。美容師歴13年目。ヘアアレンジが好きで美容家電マニアでもあります。Instagramでも最新の美容情報をまとめていますので是非参考にしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
TOPへ
タップできる目次
閉じる