Instagramでも役立つヘアケア情報を更新中

【コテ対決】リファvsヘアビューロンカール!どっちがおすすめ?比較ポイントを美容師が解説

この記事を スピード要約!

  • リファもヘアビューロンカールも仕上がりの違いは正直分かりにくい
  • そのため価格からの「コスパ」を考えるとリファの方がおすすめしやすい
  • どちらも非正規品が出回っているので、購入は必ず公式ストアから!(公式ストアはこちらから

こんにちは。ヘアーチルドレン公式ライター・美容師の大脇です。

今回は大人気カールアイロン(コテ)であるリファヘアビューロンカールを徹底比較。

リファ(手前)とヘアビューロンカール4D(中)、7D(奥)

リファもヘアビューロンも人気のコテですので、どちらを買うかお悩みの方が多いと思います。

そこで両方使用している美容師が、違いやおすすめを分かりやすくまとめていきます。

まずはじめに結論を書くと、どちらも仕上がり目線やダメージレス目線でとても優秀なコテなのですが、、

美容師の大脇

個人的にはリファがおすすめ!

と僕は答えています。

リファビューテックカールアイロン
結論、リファがおすすめ

理由としてはヘアビューロンカールがあまりにも価格が高すぎる事、そして価格ほどの良さ(リファより良いなど)を感じにくいからです。

それでは詳しい違いをまとめていきますので、どちらかにお悩みの方は是非参考にしてください。

タップできる目次
この記事を書いてる人
美容師 大脇貴志

リファ ビューテックカールアイロンの基本情報

商品名
リファ ビューテックカールアイロン
価格¥24,000(税込)
サイズ26、32ミリ
温度120℃〜180℃
(20℃ごとに4段階調節)
重さ32ミリ・・365g(コード込)
26ミリ・・350g(コード込)
コードの長さ2.5M
主な機能・3層構造のカーボンレイヤープレート
・熱伝導に優れたヒートセンシング
・温度ロック機能
・自動電源オフ機能
他の製品ビューテックストレートアイロン
ビューテックフィンガーアイロン
ビューテックドライヤー
ファインバブルS (シャワーヘッド)
リファビューテックエピ (光脱毛器)
リファビューテックカールアイロン
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 他のコテと比べて仕上がりの艶感、柔らかさが優秀
  • 髪への負担が少なく、ダメージレス目線で◎
  • カールの持続効果が高い
  • 滑りが良く、滑らすような感覚で巻きやすい
  • 温度上昇が早く、温度のムラも少ない
  • 軽くて持ちやすい
デメリット
  • 温度幅が120〜180℃と狭め
  • 温度設定が4段階(20℃づつ)と少なめ
  • バレル(巻く部分)が他のコテと比べると少し短め
  • バレルのホールド力が強くはない(人によってはメリット)
  • 修理代が高め

レビュー記事はこちらから

ヘアビューロンカールの基本情報

ヘアビューロンカール7D Plus
総合評価
( 4 )
メリット
  • 柔らかい質感のカールをつくりやすく、毛先がパサつきにくい
  • 滑りがとても良い
  • 低温でも綺麗なカールをつくりやすい
  • 巻き直しをしやすく、ダメージレス目線でも優秀
  • デザインの高級感
デメリット
  • 価格がものすごく高い
  • 本体がかなり重ため
  • バイオプログラミングに科学的根拠はなし
  • Lサイズの太さが34ミリ(一般的なコテの太さは32ミリ)
  • 価格があまりにも高く、コスパで考えると微妙

ヘアビューロンカールは全部で4種類

スクロールできます
商品名
7D

4D

3D

2D
価格(税込)¥71,500¥49,500¥38,500¥27,500
サイズL…34ミリ
S…26.5ミリ
L…34ミリ
S…26.5ミリ
L…34ミリ
S…26.5ミリ
L…34ミリ
S…26.5ミリ
温度40℃〜180℃40℃〜180℃40℃〜180℃40℃〜180℃
重さL…約495g
S…約401g
L…約535g
S…約427g
L…約495g
S…約4205g
L…約473g
S…約394g
コードの長さ2M2M2M2M
バイオプログラミング7432
自動電源オフ
海外対応
他の製品ストレートアイロン
レプロナイザー7D
レプロナイザー4D

レビュー記事はこちらから

【比較表】リファとヘアビューロンカールの違い

リファビューテックカールアイロンとヘアビューロンカール

続いてリファのコテとヘアビューロンカールの違いを比較表にまとめてみるとこちら。

美容師の大脇

ヘアビューロンカールは上位モデルの7D、4Dと比較していきます。

比較表

商品名
リファ

ヘアビューロンカール
7D

ヘアビューロンカール
4D
価格(税込)¥24,000¥71,500¥49,500
仕上がりの艶感
滑りの良さ
温度幅120〜180℃40〜180℃40〜180℃
調節4段階7段階7段階
温度上昇の早さかなり早いかなり早い遅い
重さ365g495g535g
スイッチボタンボタンボタン
コード2.5M2M2M
自動電源オフ
誤作動防止
海外×
美容師の
一言メモ
仕上がりの艶感や滑りの良さが特徴。また軽いので操作性も◎!ただバレルがやや短めなのと、温度幅が狭め。価格は恐ろしいが、バイオプログラミング最高レベルで仕上がりや傷みにくさも最高級クラス。重たい、温度上昇が遅いというデメリットはあるが、仕上がりの良さや痛にくさが最高クラス。
レビュー記事詳細を見る詳細を見る詳細を見る
※効果の感じ方は個人的見解であり、個人差はあります。

まず一番気になる仕上がりレベルやダメージレス目線では、どちらも同じくらい優秀というのが僕の感想です。

美容師の大脇

口コミを見るとリファよりヘアビューロンの方が…なんて声もありますが、全く逆の声もあります。個人的には個人差はあるものの、そこまで違いはなく同じくらい優秀だと感じています。

またヘアビューロンカールはバイオプログラミングレベルが高い7Dの方が、仕上がりレベルや傷みにくさでは優れています。しかし個人的には、見た目での仕上がり違いが正直分かりにくい印象^^; (なので見た目よりかは、より髪が傷みづらいレベル…という感じかなと)

そのため「仕上がりの艶感」を重視する方は、どちらを買っても満足度は高いコテになるかと思います。

リファのコテがヘアビューロンカールより優れている点

リファビューテック カールアイロンの開封写真

続いて上記の比較表を参考に、リファのコテがヘアビューロンカールより優れている点がこちら。

リファのコテが優れている点
  • 温度上昇が早い
  • 軽くて持ちやすい
  • 水分蒸発しにくい
  • 価格からのコスパ満足度

温度上昇が早い

リファのコテの温度上昇

まずリファのコテは温度上昇が早いのが特徴的。

そして逆にヘアビューロンカールシリーズは温度上昇がめちゃくちゃ遅めに。(※7Dのみ早くなっています)

160℃までの温度上昇の早さを比較

商品名
リファ

7D

4D

3D

2D
温度上昇の早さかなり早いかなり早い遅い非常に遅い非常に遅い
美容師の大脇

ヘアビューロンカールは7Dは温度上昇が早いですが、その他モデルはかなり遅めに^^;

軽くて持ちやすい

軽量設計のリファビューテックカールアイロン

続いて重さを比較するとこちら。

商品名
リファ

ヘアビューロンカール
7D

ヘアビューロンカール
4D
重さ365g495g535g

ご覧のようにリファのコテは約365gと軽いのが特徴ですが、ヘアビューロンカールは500g前後とかなり重ため

美容師の大脇

リファは他のコテと比べてもかなり軽めの設計になっています^_^

そのためヘアビューロンカールは巻いてる途中に腕が疲れやすいという声も多く、その点リファは腕が疲れにくいのが特徴です。

水分蒸発しにくいプレート設計

リファビューテック カールアイロンのプレート

リファのコテにはカーボンレイヤープレートといって、水分蒸発しにくいプレート設計に。

普通のコテは高温プレートに水をかけると一瞬で蒸発しますが、リファのコテは水をかけても蒸発しにくく、プレートに水が残りやすくなっています!

そのため高温プレートに髪をあてても、髪の毛の水分を失いにくい効果が。

水分蒸発しにくいプレートの検証動画

美容師の大脇

こちらの水分蒸発しにくいプレートが、リファのコテは傷みにくいと言われる理由でもあります。

その点ヘアビューロンカールは、高温プレートに水をかけると一瞬で蒸発してしまいます。

そのため髪が濡れている状態で巻いてしまうと、ヘアビューロンカールは髪が傷みやすいので注意が必要です。

価格からのコスパ満足度

リファビューテック カールアイロンの開封写真

最後に価格を比較してみるとこちら。

商品名
リファ

ヘアビューロンカール
7D

ヘアビューロンカール
4D
価格(税込)¥24,000¥71,500¥49,500

リファのコテも、ヘアビューロンカールに劣らないくらい仕上がりの艶感や傷みにくさに優れています。

しかし価格で比較してみるとヘアビューロンカールの約半分以下の価格に。

ヘアビューロンカールも仕上がりはいのですが、価格の高さほどの効果は感じにくく、、

美容師の大脇

コスパ満足度はぶっちぎりでリファが圧勝です!

リファのコテの口コミをチェック

ヘアビューロンカールがリファのコテより優れている点

ヘアビューロンカール7Dと4D

続いてヘアビューロンカールがリファのコテより優れている点がこちらです。

ヘアビューロンカールが優れている点
  • 低温カールに対応
  • バレルが少し長め
  • 海外でも使える
  • 見た目の高級感

低温カールに対応

ヘアビューロンカールのスイッチ部分

まずリファのコテは120℃〜温度設定できますが、ヘアビューロンカールは40℃からの低温カールに対応。

温度幅を比較

商品名
リファ

ヘアビューロンカール
7D

ヘアビューロンカール
4D
温度幅120〜180℃40〜180℃40〜180℃
調節4段階7段階7段階

またヘアビューロンカールはじっくりあてながら低温でもカール巻きやすい設計になっており、、

なるべく熱ダメージを抑えながら巻きたい方にはヘアビューロンカールシリーズがおすすめです。

バレルが少し長め

リファとヘアビューロンカールのバレる長さを比較

そしてバレル(巻くところ)の長さを比べてみると、ヘアビューロンカールの方が少し長めになっています。

リファは他のコテと比べてもバレルが少し短めです!

美容師の大脇

そのためロングヘアーや髪が多い方は、ヘアビューロンの方が髪が抜けにくく感じやすいです。

海外でも使える

ヘアビューロンカールシリーズは全て海外対応モデルになっています。

しかしリファは国内のみの使用となっていますので、海外でも使いたい方はヘアビューロンカールを選びましょう。

見た目の高級感

ヘアビューロンカール7D、4Dの外観

最後にどちらもおしゃれな外観ですが、ヘアビューロンカール(7D、4D)の方がデザインの高級感がある印象。

美容師の大脇

好みはそれぞれで変わってきますが、ヘアビューロンカール(7D、4D)は美容機器のような雰囲気に。(そして重い)

また価格も考えると、ヘアビューロンカール(7D、4D)は所有感を特に感じそうな商品でもありますね!

ヘアビューロンカールの口コミをチェック

結論 → 価格を考えるとリファのコテの方がコスパ満足度が高め

リファビューテックカールアイロン

どちらにも優れている点をまとめてきましたが、個人的な結論はこちら。

美容師の大脇

価格からのコスパで考えると断然リファがおすすめ!

リファのコテもヘアビューロンカールシリーズも、仕上がりや髪の傷みにくさではどちらも同じくらい優秀です。

へアビューロンカール4Dで巻いたカール
奥がへアビューロンカール4Dで巻いたカール

巻いたカールを比べても、(価格が高い)ヘアビューロンの方が艶感ある…とはちょっと分からないレベル^^;

リファやヘアビューロンカールが気になっている方は、仕上がりやヘアケアを重視している方がほとんどです。

そのためどちらも仕上がりや髪の傷みにくさが同じくらい優れている…となると、価格が半分以下のリファが断然おすすめしやすいかなと。

美容師の大脇

ただ細かい点で比較すると違いもありますので、今回の記事を参考に選んで頂ければ間違いないと思います!

【重要】偽物が出回ってるため、どちらも公式ストアから購入しましょう

リファビューテックカールアイロンとヘアビューロンカールシリーズ

リファもヘアビューロンカールもどちらも人気商品なため、一部で非正規品(偽物)が出回っていると注意喚起されています。

つい先日も、Amazonでヘアビューロンの偽物が海外ストアから出回っているとの事態もありました。

そのためどちらも公式ストアからの購入が安心。

美容師の大脇

どちらも割引は一切されていないメーカーであり、安く売られているのは中古品などの非正規品である可能性が高いです。またそれらの非正規品は保証対象外となるため注意してください。

そしてAmazonや楽天、Yahooショッピングで購入する際は、下記のストア名であるか確認してください。

Amazon楽天 and Yahooショッピング
リファ【公式ストア】株式会社MTGMTG ONLINESHOP
ヘアビューロンバイオプログラミング公式バイオプログラミング公式ブランド

今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

MTG公式ストアはこちらから

バイオプログラミング公式ストアはこちらから

痛みにくいおすすめのコテはこちらから

【売切】大人気KINUJO Dryerが入荷決定!

お客様の要望から逆算された超多機能ドライヤー

超軽量! 艶感よし! 超速乾!高機能!

KINUJOドライヤーのレビュー記事はこちらから

大脇貴志
WRITER
HAIR CHILDREN公式ライター。美容師歴13年目。ヘアアレンジが好きで美容家電マニアでもあります。Instagramでも最新の美容情報をまとめていますので是非参考にしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
タップできる目次