Instagramでも役立つヘアケア情報を更新中

【サロンムーン】ストレートアイロンの口コミは悪い?購入の前に知っておきたい注意点まとめ

こんにちは。ヘアーチルドレン公式ライター・美容師の大脇です。

今回は約3000円という価格で大人気ストレートアイロンであるSALONMOON(サロンムーン)のレビュー記事になります。

サロンムーンからは温度がダイヤル調節の古いモデルもありますが、こちらの記事ではデジタル表示でボタン調節に改良された新しいモデルをレビューしていきます。またサロンムーンのカールアイロン(コテ)のレビュー記事はこちらでまとめています。

SALONMOON サロンムーン ミラーチタニウム ストレートアイロン
美容師の大脇

普段から様々なヘアアイロンを使用している美容師が実際にサロンムーンを使用してみました!使い心地などを正直にレビューしていきます!

まずはじめに、こちらの記事のまとめがこちら。

サロンムーンのまとめ
  • サロンムーンは約3000円という価格以上のコスパを感じやすいストレートアイロン
  • レビュー数が多く、かつ口コミ平均評価も高めなので安心感がある
  • しかし耐久性は高いとは言えず、すぐ壊れたという声が多いのが気になる
  • なるべく安いけど性能に優れたアイロンを探している方におすすめ!

実際に使用してみましたが、率直な感想としては

美容師の大脇

この価格でこのクオリティはコスパ高いなぁ・・

と感じました。

SALONMOON サロンムーン の外観
コスパめちゃくちゃ高いです…!!

普段は数万以上もするストレートアイロンを使用している美容師として、はじめは

美容師の大脇

この価格だしそこまで期待できないだろう・・

と予想していましたが、約3000円とは思えない使い心地や仕上がりに感動すら覚えてしまいました。

しかしいくつか知っておきたい注意点もありますので、こちらの記事ではサロンムーンについて詳しくまとめていきたいと思います。

また同価格帯で人気のサロニア、アゲツヤとの違いもまとめていきますので、是非参考にしてください。

サロンムーンのコテのレビュー記事はこちらから

SALONMOON サロンムーンストレートアイロン
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • お手頃価格だがしっかり癖が伸びる
  • 価格に対してのコスパが非常に高め
  • 温度上昇が早い
  • 口コミや使っている方が多く、安心感がある
  • 温度がデジタル表記で見やすい
  • 温度幅が広く、かつ細かく調節可能
  • 海外でも使える
デメリット
  • 高いアイロンと比べると毛先が少しパサつきやすい
  • プレート加工はコーティングなので、経年劣化で剥がれてきやすい
  • 壊れたという口コミも多く、耐久性が高いとは言えない
タップできる目次
この記事を書いてる人
美容師 大脇貴志

SALONMOON サロンムーン ストレートアイロンの基本情報

NEW モデル!

商品名
SALONMOON サロンムーン
ミラーチタニウム ストレートアイロン
メーカーSALONMOON
価格¥3,890(税込)
カラーホワイト・ブラック
温度80℃〜230℃
5℃づつ調節可
重さ350g
コードの長さ2M
主な機能・自動電源オフ機能(30分)
・海外対応
他の製品サロンムーンカールアイロン

サロンムーン ストレートアイロンのおすすめポイント

サロンムーンの外観
おすすめポイント
  • チタニウムプレートなので強い癖もしっかり伸ばしやすい
  • 80〜230℃の間を5℃ずつ細かく設定可能
  • 温度がデジタル表示で分かりやすい
  • コードが360度回転するので、ストレスフリーな使い心地
  • 約3000円という価格を考えると非常にコスパは高め

チタニウムプレートなので強い癖もしっかり伸ばしやすい

サロンムーンのチタニウムプレート

サロンムーンのプレートはチタニウムプレートなのですが、チタニウムプレートは強い癖を伸ばしやすいという特徴があります。

実際に仕上がりを検証してみましたので、こちらをご覧ください。

まずは癖を伸ばす前のビフォアの状態。

サロンムーンで仕上げる前のヘアスタイル

そしてこちらに対しての仕上がりがこちら。

サロンムーンで仕上げたヘアスタイル

ご覧のように癖もしっかり伸び、艶感もかなり感じられる仕上がりになりました!

美容師の大脇

使い心地として驚いたのは「滑り」がいいという事。安いアイロンほど引っかかりやすかったり、滑りがいまいちだな〜と思う事が多いのですが、サロンムーンは滑りがよく使いやすいです。

80〜230℃の間を5℃ずつ細かく設定可能

サロンムーンの温度幅は80〜230℃とかなり広範囲で温度調整する事ができます。

そして温度は5℃間隔で細かく設定できるのもポイントです。

ただ180℃以上はかなりの高熱で髪への負担が大なため、どんなに癖が強い方でも160〜180℃の間で使用される事をおすすめします。

またカラーなどしていて髪のダメージが気になる方は、80℃〜の低温でのスタイリングができるのは嬉しいポイントでもあります。

温度がデジタル表示で分かりやすい

デジタル表示で温度がわかりやすい

またサロンムーンはボタンでスイッチを入れ、温度をボタンで調節する事ができます。

そして温度がデジタル表示なため、現在の温度が分かりやすいというポイントがあります。

美容師の大脇

安いアイロンではダイヤル調節が多いですが、サロンムーンは3000円という価格でもデジタル表示で確認する事ができるのがポイントの一つです。

コードが360度回転するので、ストレスフリーな使い心地

コードは360度回転式

本体のコードは360度回転する設計になっているので、使用中にコードが絡まないようになっています。

実際に使ってみると使い心地は非常によく、初心者の方でもすぐ手に馴染みやすい本体設計になっているかと思います。

レビュー数がかなり多く、かつ平均評価も高いため安心感がある

サロンムーンの口コミレビュー数と平均評価をチェックしてみると下記の通り。

レビュー件数平均評価
Amazon約4500件4.5
楽天約1500件4.7
2021.11時点での数字です

ご覧のようにサロンムーンはレビュー数が非常に多く、かつ平均評価も高い事がわかります。

「安い商品だとちょっと心配・・」という方でも、これだけレビュー数が多く、かつ評価も優秀だと安心感があるのではないでしょうか。

約3000円という価格を考えると非常にコスパは高め

いくつかおすすめポイントを書きましたが、約3000円という価格を見てみると「これで3000円とは安すぎでは・・」と改めて感じます。

美容師の大脇

いつもは数万もする高級ストレートアイロンを美容師として使用していますが、サロンムーンの「コスパ」はめちゃくちゃ高いなぁと思います。

ですので「なるべく安くて使い勝手のいいストレートアイロン」を探している方にはぴったりの商品ではないでしょうか!

知っておきたいサロンムーン ストレートアイロンの注意点は?デメリットも解説

サロンムーンの外観

サロンムーンの注意点としては耐久性がいまいちな事があげられます。

口コミの平均評価はかなりいいのですが、悪い口コミをチェックするとほとんどが「すぐ壊れた」「温度が上がらない」「電源が入らない」といったレビューが多く見られました。

その方それぞれで使い方も変わってきますので一概に壊れやすいと断定する事はできませんが、、

これだけ数ヶ月で壊れてしまった・・という声が多い事や、約3000円という価格から見ると耐久性は高くはないという事を頭に入れておきたいところ。

美容師の大脇

全てとは言い切れませんが、なんだかんだヘアアイロンやドライヤーも価格が安い商品ほど耐久性は低い事が多いと思います。高いから壊れないとも言えませんが・・安い商品ほど壊れるのが早いという事を頭に入れておきましょう。

サロンムーンと同価格帯で人気のサロニアとアゲツヤを比較してみると・・

サロンムーン、サロニア、アゲツヤ

サロンムーンは約3000円という価格で大人気ですが、同じ価格帯で人気の「サロニア」と「アゲツヤ」というストレートアイロンもあります。

サロンムーンとサロニア
左がアゲツヤ、右がサロニア
美容師の大脇

特にサロニアはかなり人気ですが、名前が似てるサロンムーンとサロニアを間違えてる人もいるかと・・w

余談ですが、実際にSALONIA(サロニア)を買おうとしたが、名前が似ているSALONMOON(サロンムーン)を購入してしまい、サロニアの偽物?と思われる方もいるそうです^^; しかしサロンムーンはちゃんとしたコスパ優良メーカーなので安心してくださいね。(とはいえ間違えやすいので購入時にしっかり確認を!w)

少し話がそれましたが、サロンムーン、サロニア、アゲツヤの比較表をつくりましたので参考にしてください。

サロンムーンはデジタル表示に改良されたNEWモデルを基準に比較してますのでご注意ください。

サロンムーン、サロニア、アゲツヤの比較表

サロンムーン、サロニア、アゲツヤ
スクロールできます
サロンムーンサロニアアゲツヤ
Amazonレビュー数 & 評価約4500件 / 4.5約16000件/ 4.5約530件 / 4.3
楽天レビュー数 & 評価約1500件 / 4.7約30000件 / 4.5約350件 / 4.5
価格¥3,599¥3,278(税込)¥3,218(税込)
温度80℃〜230℃
(ボタンで5℃づつ設定可)
120℃〜230℃
(ダイヤルで自由に調節可)
80℃〜220℃
(ダイヤル調節だが5段階設定)
温度表示デジタルダイヤルダイヤル
重さ350g345g344g
プレートの材質チタニウムチタニウム加工
or セラミック加工
チタニウム加工
海外使用
自動電源オフあり(30分)あり(30分)あり(1時間)
プレートロックありありなし
コードの長さ2M1.5M2.6M
耐熱ポーチなしありなし
サロニアはチタニウム加工のスペックを参考にしています

サロンムーン、サロニア、アゲツヤの使い心地を比較してみると

サロンムーンサロニアアゲツヤ
癖を伸ばす力
温度上昇の時間
※160℃までの到達時間

約45秒

約30秒

約50秒
プレートの滑り
サロニアはチタニウム加工のスペックを参考にしています

この中だとどれがおすすめ?

ここで多くの方が気になるのが

サロンムーン、サロニア、アゲツヤの中だったらどれがおすすめ?

という疑問でしょう。

これに対し、3つのアイロンを使用してきた美容師が回答すると

美容師の大脇

どれもコスパがかなり高くそこまで性能に差はない・・んだけど、どれか選ぶとしたら個人的にはサロンムーンかサロニアがおすすめ!

サロンムーンとサロニア
サロンムーンかサロニアがおすすめ!

約3000円という価格から考えるとコスパはどれもめちゃくちゃ高く、またスペックや仕上がりを比較してもほとんど差はない商品になります。

ただアゲツヤはプレートの滑りがあまり良くないのと、温度設定が少ない(5段階)のと、温度上昇が3つの中では一番遅いという点から、選ぶならサロンムーンかサロニアかなぁという結論です。(あくまで僕の感想ですが)

詳しい比較記事は下記にてまとめていますので参考にしてください。

またサロンムーンかサロニアで悩む方は下記を参考にしてください。

サロンムーンとサロニアの比較ポイント
  • 温度表示がデジタル表示がよければサロンムーン(アゲツヤはダイヤル調節)
  • Amazonレビュー数が多いのは圧倒的にサロニア(サロンムーンが4500件に対しサロニアは16000件)
  • Amazon平均星評価はどちらも4.5前後と評価は同じくらい高い
  • アイロンの「滑り」もどちらも滑らかで使いやすい
美容師の大脇

正直そこまで違いはないため、こっちの方がおすすめ!というのは難しいです・・^^; あとは口コミを参考にするなり、見た目が気に入った方を選ぶという方法でいいかと思います。(ここまで比較していうのもなんですが)

ちなみにサロニアを選ぶ方はチタニウム加工モデルを選ばれる事をおすすめします!(セラミック加工とチタニウム加工がある) 理由は下記の記事で解説していますので参考にしてください。
【サロニア】色の違いとおすすめは?白より黒を選ぶべき理由を解説

【一括比較】サロンムーンと他の人気ストレートアイロンの違いを表にまとめてみると・・

サロンムーンと他の口コミのいい人気ストレートアイロンを比較表にまとめてみました!

美容師の大脇

気になるアイロンがあれば、「詳細を見る」からレビュー記事をチェックできます!

スクロールできます

スクロールできます
商品名
リファ

絹女

絹女 W
ラディアント

マグネットヘアプロ

※旧ホリスティック


ヘアビューロン4D

ヘアビューロン7D

サロニア

サロンムーン
Onedam ワンダムNobby by TESCOM
YAMAN ヤーマン
ナノケア
※上位モデル

ダイソン

ADST

エヴァロン
価格(税込)¥22,000¥19,800¥13,200¥22,000¥14,300¥49,500¥71,500¥3,278¥3,890¥8,000前後¥10,978¥22,000¥19,000前後¥53,900¥40,700¥43,780
仕上がりの艶感
癖を伸ばす力
滑り
温度幅140〜220℃ 130〜220℃140〜220℃130〜220℃120〜200℃40〜180℃40〜180℃120℃〜230℃80℃〜230℃60℃〜200℃60℃〜210℃140〜180℃ 130〜200℃165〜210℃60〜180℃80〜220℃
調節幅5段階10段階5段階10段階5段階7段階7段階ダイヤル調節5℃ごと調節可ダイヤル調節5℃ごと調節可5段階5段階3段階5℃ごと調節可1℃ごと調節可
温度上昇の早さ早いかなり早いかなり早いかなり早い普通遅い遅い早い早い普通かなり早い早い早いかなり早い早い早い
重さ295g390g346g390g280g422g448g345g350g250g355g約403g380g561g295g415g
コード2.5M2.5M2M3.5M2M2M2M1.5M2M2.8M1.8M2.6M1.7Mコードレス2.6M2.7M
スイッチボタンボタン
(デジタル表示)
ボタン
(タッチパネル)
ボタン
(デジタル表示)
ボタンボタンボタンダイヤルボタン
(デジタル表示)
ダイヤルボタン
(デジタル表示)
ボタン
(デジタル表示)
ボタンボタンボタン
(デジタル表示)
ボタン
(デジタル表示)
自動電源オフありありありありありありありありありなしありありありありありあり
誤作動防止ありなしなしなしなしありありなしなしなしありなしなしありなしなし
海外××××××
美容師の
一言メモ
仕上がりも良くて軽くて操作性も◎!ただ癖が強い方やロングヘアーには不向きかも。仕上がりや癖を伸ばす力が非常に優秀。価格に対するコスパが半端なく、迷ったら買いレベル。左の絹女を少しコンパクト&海外対応のモデルに。1万前後のアイロンを探している方に特におすすめ。プロが使用する縮毛矯正用に開発されたので、癖を伸ばす力が最強。またラディアントを一般向けに開発されたのが絹女。仕上がりや小回り度が◎!
ただ小さいので癖が強い方やロングには不向き。
価格はかなり高いが、仕上がりの艶感や柔らかさは最高レベル。ヘアビューロンの中で一番の仕上がりレベル。
ただ価格が恐ろしく高い。。
3000円とは思えないほどコスパ最強。
シンプルなデザインもおしゃれ。
3000円前後のアイロンでは1.2を争うくらいコスパが半端ない。定価は2万だがネット通販では8,000円前後で購入できコスパが◎プレートの滑りはいいが、全体的に機能が少なめ。約1万とは思えないほど機能が豊富で高性能。使いやすさ、コスパ共に最高クラス。仕上がりが良く、髪の傷みにくさを追求した設計に。毛先のカールをつくりやすいのも◎瞬間ストレートという名の通り癖を伸ばす力が優秀。
ただナノイーの効果はちょっと分かりにくいかも。
高い、重い、大きいの3大デメリットはあるが、癖を伸ばす力はずば抜けて最強。美容師愛用率が非常に高く、癖を伸ばす力に長けている。プロ仕様なので耐久性も◎間接熱を利用したアイロンなので火傷の心配が格段に少ない。
仕上がりの艶感も◎
レビュー記事詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

※あくまで僕自身が美容師として使用したレビューをもとにまとめているため、個人的見解になります事をご理解ください。
※海外は電圧を参考に可不可とまとめていますが、電圧によっては対応できない地域もあります。その場合は変換プラグを購入する必要があります。

まとめ サロンムーンはコスパ◎なストレートアイロン!

サロンムーンの外観

最後に今回の記事のまとめです。

サロンムーンのまとめ
  • サロンムーンは約3,000円という価格以上のコスパを感じやすいストレートアイロン,
  • レビュー数が多く、かつ口コミ平均評価も高めなので安心感がある
  • しかし耐久性は高いとは言えず、すぐ壊れたという声が多いのが気になる
  • なるべく安いけど性能に優れたアイロンを探している方におすすめ!

サロンムーンは約3,000円という価格から考えると、非常にコスパが高く、価格以上の満足度を体感できるストレートアイロンだと思います。

美容師の大脇

数万もする高級アイロンに比べると仕上がりの艶感や柔らかさは落ちますが、3000円という価格で考えると最高クラスのアイロンである事には間違いありません。なので安くていいアイロンを探している方にはおすすめの商品です!

是非今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

またサロンムーンのコテは下記にて詳しくレビューしています。

美容師おすすめのストレートアイロン特集はこちらから

【売切】大人気KINUJO Dryerが入荷決定!

お客様の要望から逆算された超多機能ドライヤー

超軽量! 艶感よし! 超速乾!高機能!

KINUJOドライヤーのレビュー記事はこちらから

大脇貴志
WRITER
HAIR CHILDREN公式ライター。美容師歴13年目。ヘアアレンジが好きで美容家電マニアでもあります。Instagramでも最新の美容情報をまとめていますので是非参考にしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
タップできる目次