Instagramでも役立つヘアケア情報を更新中

【サロニア】ストレートアイロンの口コミは悪い?美容師が正直にレビューしてみた

サロニアのストレートアイロンは美容師目線でどう?

価格が約3,000円とは思えないほどコスパ最強ストレートアイロン

こんにちは。ヘアーチルドレン公式ライター・美容師の大脇です。

今回は大人気ストレートアイロンであるSALONIA(サロニア)を美容師が徹底レビューしていきます。

まずサロニアのストレートアイロンといえば、約3,000円と激安にも関わらず口コミが非常に高い商品になります。

美容師の大脇

僕自身もなぜそんな人気なのか不思議に思い、実際に購入してみましたが、非常にコスパに優れたアイロンだなぁと実感しております!

サロニアストレートアイロン
結論、コスパ最強!

そして一番驚きなのがAmazonの口コミ数が10,000件以上とものすごい数なのに対し、平均評価が4.5を超えているという恐ろしさ!

今日はその人気の理由を徹底調査していきたいと思います。

美容師の大脇

また良かった点だけでなく、購入前に知っておきたい注意点や、一部の悪い口コミに対しての美容師の意見もまとめていきますので参考にしてください。

この記事で分かる事
  • サロニアストレートアイロンを美容師が使ってみた良かった点
  • サロニアストレートアイロンの注意点(デメリット)
  • 種類やサイズの選び方
  • 同価格帯のサロンムーン、アゲツヤとの違い
SALONIA サロニアストレートアイロン
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • かなりのお手頃価格だがしっかり癖が伸びる
  • 価格に対してのコスパが非常に高め
  • 温度上昇が早い
  • 口コミや使っている方が多く、安心感がある
  • シンプルでマットな質感がおしゃれ
  • 専用の耐熱ポーチが付属
  • サイズやカラーが豊富
  • 海外でも使える
デメリット
  • 高いアイロンと比べると毛先が少しパサつきやすい
  • プレート加工はコーティングなので、経年劣化で剥がれてきやすい
  • プレート温度が使っている時に下がりやすく感じる事も
  • 白のモデルは劣化で本体が黄ばみやすい
  • 壊れたという口コミも多く、耐久性が高いとは言えない
タップできる目次
この記事を書いてる人
美容師 大脇貴志

サロニア ストレートアイロンの基本情報

商品名
SALONIA サロニアストレートアイロン
メーカーSALONIA
価格¥3,278(税込)
温度120℃〜230℃
ダイヤルで自由調節
重さブラック、ホワイト・・345g
グレー、ネイビー・・305g
コードの長さ1.5M
主な機能・自動電源オフ機能(30分)
・海外対応
・専用の耐熱ポーチ付属
他の製品セラミックカールアイロン
ミニストレートアイロン
ストレートヒートブラシ
スピーディイオンドライヤー
トリートメントミストドライヤー

美容師がサロニアのストレートアイロンを使ってみて感じた良かった点

サロニアストレートアイロンの外観

まず実際にサロニアのストレートアイロンを使ってみて感じた良かったポイントがこちら。

よかったポイント
  • 想像以上に強い癖もしっかり伸びる
  • 温度上昇が早い
  • シンプルなデザインがおしゃれ
  • 価格に対する満足度が非常に高い

想像以上に強い癖もしっかり伸びる

サロニアストレートアイロンでスタイリング

ストレートアイロンで何を重視するかというと、一番は仕上がりかと思います。

そして仕上がりの満足度を決める「癖がしっかり伸びるか」という点について検証してみると

美容師の大脇

サロニアは強い癖でもしっかり伸びる!!

という結果に・・!

いつもは数万もするストレートアイロンを使っている立場からすると、正直そこまで仕上がりは期待していなかったのですが、、(失礼)

いざ使ってみると、強い癖でもしっかり伸ばす事ができました。

実際の検証画像がこちら

サロニアストレートアイロンで仕上げたヘアスタイル
強い癖毛の方でも綺麗なストレートに!

また強い癖毛を伸ばしやすいストレートアイロンは、下記の記事でもまとめています。(サロニアも入ってます!)

温度上昇が早い

サロニアストレートアイロンの温度上昇の早さを測定

またサロニアのストレートアイロンは温度上昇が非常に早いです。

他のアイロンでは180℃まで1分以内であれば早いと言われるレベルですが、、

サロニアは180℃まで約45秒!!(チタニウム加工)

ちなみにプレート加工はチタニウム加工とセラミック加工があり、チタニウム加工の方が温度上昇が早いです。

安いアイロンだと温度上昇が遅い・・なんて事もありますが、サロニアのストレートアイロンは温度上昇が非常に早い設計になっています。

シンプルなデザインがおしゃれ

サロニアストレートアイロンはシンプルなデザイン

そして商品を実際に見て思った事が

美容師の大脇

シンプルなデザインがめちゃくちゃおしゃれ!

他のアイロンは言い方を悪くするとガチャガチャしたデザイン(失礼)が多いですが、サロニアのストレートアイロンは非常にシンプルなデザインに。

おそらくデザインで選んでる方もいそう・・と思うくらい、個人的にはこのシンプルなデザインが高評価ポイントでした。

価格に対する満足度が非常に高い

サロニアのストレートアイロン価格は約3,000円ほど。

そしてその3,000円という価格に対した「実際の仕上がり」「使いやすさ」「デザイン」を考えると・・

美容師の大脇

コスパめちゃくちゃ良過ぎ!

と、価格に対する満足度は非常に高めです。

おそらく他の美容師さんがサロニアを使っても同じ事言うのでは?と思うくらい、プロ目線でもコスパの良さには驚かされました。

サロニアストレートアイロンは耐熱ポーチ付き
持ち運びに便利な耐熱ポーチもついてます!

美容師がサロニアのストレートアイロンを使ってみて感じたいまいちな点

今まで良かったポイントをあげましたが、逆にいまいちと感じたポイントがこちらです。

よかったポイント
  • たまに温度が下がっているな〜と感じる事がある
  • 温度がダイヤル式なので、操作中に温度が変わってしまう事がある
  • 高級アイロンに比べると毛先が少しパサつきやすい

たまに温度が下がっているな〜と感じる事がある

サロニアのアイロンを使用していると

美容師の大脇

うん…?温度が下がってる…?

なんて事がたまにありました。(特に白のセラミック加工)

使用中のアイロン温度は安定してほしいのが理想ではありますが、価格から考えるとそこは求め過ぎかもしれませんね。(とはいっても高いアイロンでも温度が下がりやすいものもあります^^;)

温度がダイヤル式なので、操作中に温度が変わってしまう事がある

サロニアストレートアイロンはダイヤル調節

サロニアのストレートアイロンはダイヤルで温度調節する設計になっています。

そのため温度ロック機能は搭載されていなく、使用中にダイヤルがずれて「温度が変わっている…!」なんて事がありました。

これに関しては慣れれば大丈夫かなと思いますが、普段ボタン調節に慣れていた方からすると注意点であります。

美容師の大脇

「気づいたらMAX温度(230℃)にずれていた・・!」なんて事があると、髪にものすごく負担がかかりますので注意しましょう!

高級アイロンに比べると毛先が少しパサつきやすい

これはさすがにそれは当たり前でしょ・・て事でもありますが、価格が数万以上もする高級アイロンと比べると仕上がりレベルは落ちます。

先ほど強い癖でもしっかり伸ばせると書きましたが、ここでいう仕上がりレベルは艶感や毛先のまとまり具合の事をさします。

そこで毛先の質感を高級アイロンと比べてみる事に。

サロニアと比較する高級アイロンはラディアント(¥22,000)を使用。

約2万円のラディアント
ラディアント

そしてサロニアで仕上げた毛先と、ラディアントで仕上げた毛先を比べるとこちら。

サロニア仕上げ

サロニアで仕上げたヘアスタイル

ラディアント(¥22,000)仕上げ

ラディアントで仕上げたヘアスタイル

こう比べてみると毛先のしっとりさが変わってくるのがお分かりでしょうか。

サロニアで仕上げた毛先は少しパサっとした質感に対し、ラディアント側はしっとりした質感に!

ただこれは美容師目線にはなりますので、人によっては「違いはこんなもんか・・」と思われるかもしれません^^;

美容師の大脇

サロニアで仕上げた毛先の質感や柔らかさは高級アイロンに比べると劣りますが、価格から考えた仕上がりはとても満足度高めだと思います!

検証記事はこちら

なぜ高級アイロンだと仕上がりの艶感がアップするかというと、高いアイロンほど「髪の水分量を残しやすい設計」になっています。必要以上に髪の水分を奪わない設計なため、保湿力に優れた艶感や柔らかさを再現しやすくなっています。

サロニアストレートアイロンの【悪い口コミ】に対する美容師の意見は?

サロニアストレートアイロンの外観

サロニアのストレートアイロンはレビュー数が日本一多い超人気アイロンです。

またレビュー数だけでなく、Amazonや楽天での平均評価もめちゃくちゃ高めです。

ただレビュー数が圧倒的に多いため、一部で悪い口コミがあるのも事実です。(とはいってもどのアイロンにも悪い口コミはあります)

そこで実際に多かった「悪い口コミ」を一部まとめてみるとこんな感じに。

サロニアストレートアイロンの悪い口コミ例
  • すぐ壊れた
  • プレートの滑りがよくない
  • 髪が痛んだ
美容師の大脇

これに対し、美容師が一意見を解説していきます。

悪い口コミ その1. >>壊れやすい

おそらく一番多い不満の声が「すぐ壊れた」「電源が入らなくなった」「プレートが剥げた」なんて評価。

これに関して美容師が意見を述べると

美容師の大脇

美容家電は価格が安いほど壊れやすいのは否めない・・よって耐久性が高いとはいえないかも

こちらは人によって使い方や保管方法、使用頻度も変わるため断定的な事は言えませんが、安い商品ほど耐久性は低めな事が多いです。

よってサロニアの商品は、価格から考えると耐久性が高いとはいえないと思った方がいいかなと。。

またサロニアのアイロンはプレートが「表面加工」になるため、劣化で加工が剥げてくる事があります。

逆に表面のみの加工なのでここまで価格を抑えられています。

美容師の大脇

プレート加工が剥げてくると髪への摩擦や負担が増え痛みに繋がりますので、剥げてきたら買い替えのサインと覚えておきましょう!

悪い口コミ その2. >>プレートの滑りがよくない

サロニアストレートアイロンのプレート部分

サロニアのストレートアイロンを使用した方の中には「滑りがいまいち」「髪が引っかかる」なんて声も一部で見られました。

これに関してたくさんのアイロンを使用してきた美容師が一意見を述べると

美容師の大脇

言うほど滑りは悪くないし、価格から考えると滑りはいい方だと思う

今ではたくさんの種類のアイロンがあるため、プレートの滑りに関する感じ方は人それぞれです。

そのため「滑りが悪い」という言う方もいれば「滑りがいい」と言う方もいます。

個人的には他のアイロンと比べても滑りが悪いとは感じませんでしたし、むしろ価格から考えるといい方なのでは?という感想です。

ちなみにサロニアのストレートアイロンはチタニウム加工とセラミック加工がありますが、チタニウム加工の方が滑りはいいと思います!(セラミック加工は確かにひっかかると感じやすいかも)

悪い口コミ その3. >>髪が痛んだ

またサロニアのストレートアイロンについて調べていると「痛む」というネガティブキーワードが検索結果に出てきます。

サロニアストレートアイロンのネット検索画像

これに対し美容師が一意見を述べると

美容師の大脇

確かに使い方によっては痛みやすいので注意が必要。

そしてサロニアストレートアイロンの「痛む要因」をあげるとこちら。

サロニアストレートアイロンで髪が痛む要因
  • MAX温度があまりに高すぎる
  • 使用中にダイヤル温度が高温に変わってしまう
  • プレート加工が剥げてるのに使用する

MAX温度があまりに高すぎる

サロニアストレートアイロンのMAX温度は230度

サロニアのストレートアイロンは最高温度が230℃となっていますが、これに対して思うのは

美容師の大脇

230℃とかめちゃくちゃ恐ろしいレベル・・震

というのも基本的にはどんなに癖が強くても180℃もあれば綺麗に伸びますし、髪への負担を考えると温度を上げすぎない事が大切です。

そのため強い癖だと160〜180℃、またダメージ毛に限っては120〜140℃など、髪質やダメージレベルにあわせて温度調節をする必要があります。

しかしサロニアのストレートアイロンはMAX温度が230℃と、美容師目線で見るとめちゃくちゃ恐ろしい温度に。。

また知識がない方からすると

高温の方が癖も伸びるし、とりあえずMAX温度にしておけばいいか〜

と軽い感じでMAX温度で使用している方もいるのかなと^^; (それがダメージの原因に・・)

ヘアアイロンは基本的にどんなに高くても180度もあればでしっかりと癖を伸ばす事ができます。確かに高温の方が早く癖を伸ばせますが、高温にすればするほど髪は痛みます。基本的には180度以上は使用しない事を強くおすすめします。

使用中にダイヤル温度が高温に変わってしまう

また先程も書きましたが、サロニアのストレートアイロンは温度調節がダイヤル式なため、気づくと温度が変わってしまっていた・・なんてケースもあります。

実際は髪質にあわせて温度調節していても、知らないうちにMAX温度まで上がっていた・・なんて可能性もあり^^;

美容師の大脇

使用中もちょくちょく温度は目視で確認される事をおすすめします。

プレート加工が剥げてるのに使用する

こちらも先ほど書きましたが、サロニアストレートアイロンのプレートは「表面のみの加工」となっています。

表面のみの加工なため、使用期間が長くなってくると劣化で加工が剥げてくる可能性があります。

そして加工が剥げた状態で使用する事で、髪への摩擦や負担が増え、よって髪の痛みが進行してしまう・・なんて可能性もあります。

そのためプレート加工が剥げてきたら買い替えのサインとして覚えておきましょう。

ストレートもカールもできる【2WAYアイロン】との違いは?どっちがおすすめ?

サロニアストレートアイロンと2WAYアイロン
サロニアの2WAYアイロンはどう?

ストレートとカールが両方つくれるが、どちらも機能や使い心地が半減してしまうのでおすすめできない

サロニアでは従来のストレートアイロンの他に、カールも両方つくれる2WAYモデルもあります。

価格は全く同じですので、人によっては「一石二鳥じゃん!」て事で2WAYモデルを選ぼうとする方もいるはず・・

しかし美容師目線で解説すると2WAYモデルはおすすめできないという回答に。

理由としてはどちらも詰め込むあまり使い勝手が半減し、かつ壊れやすいというデメリットがあるからです。

一応スペックを比較するとこちら。

スペックを比較

商品名
ストレートアイロン

2WAYアイロン
価格(税込)¥3,278¥3,278
温度120〜230℃
ダイヤル調節
100〜220℃
5℃づつ調節可
重さ305g・・ネイビー・グレー
345g・・ブラック、ホワイト
385g・・ネイビー、グレー
420g・・その他カラー
コードの長さ1.5M1.5M・・ネイビー・グレー
2M・・その他カラー
自動電源オフ
プレートロック
誤作動防止×
海外
耐熱ポーチありなし

スペックだけ見るとそこまで違いはないように見えますが、実際の使い心地としては下記の比較ポイントが。

ストレートアイロンと2WAYの使い心地を比較
  • 温度上昇が2WAYアイロンは遅い
  • 可動範囲が2WAYアイロンは狭め
  • 2WAYアイロンはプレートの隙間が気になる
  • 2WAYアイロンは火傷の心配がある

まず温度上昇の時間を測定すると、2WAYはコテ部分のプレート全体熱くなる仕様なため時間がかかりがち。

サロニア2WAYアイロンの温度上昇を測定

実際に160℃までの到達タイムを測定したところ、2WAYモデルは1分16秒という結果に。

それに対し従来モデルは約33秒(チタニウム加工モデル)と半分以下の到達時間に。

サロニアストレートアイロンと2WAYアイロンの可動範囲を比較

また本体の「可動範囲」を比較すると、上記のように2WAYアイロンは狭めな事がわかります。

そのため単純に髪を挟みやすいのは従来モデルに。

サロニアストレートアイロンと2WAYアイロンのプレート隙間を比較

続いてプレートの隙間を比較すると、2WAYアイロン(写真下)の方が隙間が開きがちな事がわかります。

隙間があると熱ムラが生じ、均一に熱をあてられないというデメリットもでてきます。

サロニア2WAYアイロンのプレート

最後に2WAYアイロンはプレート全体が熱くなる仕様なため、ストレート時には火傷の心配も出てきます。

美容師の大脇

従来モデルは内側のプレートのみ熱くなりますが、2WAYは表面まで熱くなるため前髪や細かい箇所を挟む時は注意が必要です。

以上の事から、2WAYモデルはストレートもカールもつくれるというメリットはありますが、従来モデルと比較すると使い心地がかなり半減してしまっている事がわかります。

そのためストレートはストレート、コテはコテと別々に揃えるのがおすすめです。

詳しい比較記事はこちらから

【違い】サロニアと同じ価格帯のサロンムーンやアゲツヤと比較してみると・・

サロニア、サロンムーン、アゲツヤ
サロニア、サロンムーン、アゲツヤの中で選ぶならどれがおすすめ?

どれも価格に対する満足度やコスパはかなり高いアイロンだが、個人的にはサロニアかサロンムーンがおすすめ

サロニアのストレートアイロンが気になっている方は同じ価格帯の

も気になる・・なんて方も多いかと思います。

そんな方のために3つの違いを比較表にまとめてみました。

スペックの違い

サロニア、サロンムーン、アゲツヤ
スクロールできます
サロニアサロンムーンアゲツヤ
Amazonレビュー数 & 評価約18000件/ 4.5
約5200件 / 4.5
約540件 / 4.1
楽天レビュー数 & 評価約30000件 / 4.5
約1800件 / 4.7
約370件 / 4.5
価格¥3,278(税込)¥3,599(税込)¥3,218(税込)
温度120℃〜230℃
(ダイヤルで自由に調節可)
80℃〜230℃
(ボタンで5℃づつ設定可)
80℃〜220℃
(ダイヤル調節だが5段階設定)
温度表示ダイヤルデジタルダイヤル
重さ345g350g344g
プレートの材質チタニウム加工
or セラミック加工
チタニウムチタニウム加工
海外使用
自動電源オフあり(30分)あり(30分)あり(1時間)
プレートロックありありなし
コードの長さ1.5M2M2.6M
耐熱ポーチありなしなし
サロニアはチタニウム加工のスペックを参考にしています(※2022.8のデータ)

使い心地を比較

また実際に全部使用し、個人的見解ではありますが使い心地は下記の通り。

サロニアサロンムーンアゲツヤ
癖を伸ばす力
温度上昇の時間
※160℃までの到達時間

約30秒

約45秒

約50秒
プレートの滑り
サロニアはチタニウム加工のスペックを参考にしています

個人的にはサロニアかサロンムーンがおすすめ

サロニア、サロンムーン

スペックや使い心地を見るとどれもコスパはとても優れたアイロンではありますが、細かい違いを比較してみるとサロニアかサロンムーンが個人的にはおすすめです。

また3つの違いをまとめるとこちら。

サロニア、サロンムーン、アゲツヤの違い
  • 3つともしっかり癖をしっかり伸ばす事はでき、仕上がりレベルはほとんど同じ
  • 温度設定はアゲツヤは実質5段階なので、サロニアとサロンムーンの方が好きな温度に設定しやすい
  • 温度設定はサロンムーンのみデジタル表示(サロニアとアゲツヤはダイヤル調節)
  • 温度上昇はサロニアが一番早い
  • プレートの滑りはサロニアとサロンムーンが優秀。(アゲツヤはちょっとひっかかりやすいかも)
  • 口コミ評価はサロニアとサロンムーンがやや高く、レビュー数はサロニアが断トツで1位!
美容師の大脇

上記の点を参考に、あとはデザインの好みなどで決めてもいいかと思います。

サロニア、サロンムーン、アゲツヤの詳しい比較記事は下記にてまとめています。

【一括比較】サロニアと他の人気ストレートアイロンの違いを表にまとめてみると・・

他の口コミのいい人気ストレートアイロンとサロニアを比較表にまとめてみました!

美容師の大脇

気になるアイロンがあれば、「詳細を見る」からレビュー記事をチェックできます!

スクロールできます

スクロールできます
商品名
リファ

絹女

絹女 W
ラディアント

マグネットヘアプロ

※旧ホリスティック


ヘアビューロン4D

ヘアビューロン7D

サロニア

サロンムーン
Onedam ワンダムNobby by TESCOM
YAMAN ヤーマン
ナノケア
※上位モデル

ダイソン

ADST

エヴァロン
価格(税込)¥22,000¥19,800¥13,200¥22,000¥14,300¥49,500¥71,500¥3,278¥3,890¥8,000前後¥10,978¥22,000¥19,000前後¥53,900¥40,700¥43,780
仕上がりの艶感
癖を伸ばす力
滑り
温度幅140〜220℃ 130〜220℃140〜220℃130〜220℃120〜200℃40〜180℃40〜180℃120℃〜230℃80℃〜230℃60℃〜200℃60℃〜210℃140〜180℃ 130〜200℃165〜210℃60〜180℃80〜220℃
調節幅5段階10段階5段階10段階5段階7段階7段階ダイヤル調節5℃ごと調節可ダイヤル調節5℃ごと調節可5段階5段階3段階5℃ごと調節可1℃ごと調節可
温度上昇の早さ早いかなり早いかなり早いかなり早い普通遅い遅い早い早い普通かなり早い早い早いかなり早い早い早い
重さ295g390g346g390g280g422g448g345g350g250g355g約403g380g561g295g415g
コード2.5M2.5M2M3.5M2M2M2M1.5M2M2.8M1.8M2.6M1.7Mコードレス2.6M2.7M
スイッチボタンボタン
(デジタル表示)
ボタン
(タッチパネル)
ボタン
(デジタル表示)
ボタンボタンボタンダイヤルボタン
(デジタル表示)
ダイヤルボタン
(デジタル表示)
ボタン
(デジタル表示)
ボタンボタンボタン
(デジタル表示)
ボタン
(デジタル表示)
自動電源オフありありありありありありありありありなしありありありありありあり
誤作動防止ありなしなしなしなしありありなしなしなしありなしなしありなしなし
海外××××××
美容師の
一言メモ
仕上がりも良くて軽くて操作性も◎!ただ癖が強い方やロングヘアーには不向きかも。仕上がりや癖を伸ばす力が非常に優秀。価格に対するコスパが半端なく、迷ったら買いレベル。左の絹女を少しコンパクト&海外対応のモデルに。1万前後のアイロンを探している方に特におすすめ。プロが使用する縮毛矯正用に開発されたので、癖を伸ばす力が最強。またラディアントを一般向けに開発されたのが絹女。仕上がりや小回り度が◎!
ただ小さいので癖が強い方やロングには不向き。
価格はかなり高いが、仕上がりの艶感や柔らかさは最高レベル。ヘアビューロンの中で一番の仕上がりレベル。
ただ価格が恐ろしく高い。。
3000円とは思えないほどコスパ最強。
シンプルなデザインもおしゃれ。
3000円前後のアイロンでは1.2を争うくらいコスパが半端ない。定価は2万だがネット通販では8,000円前後で購入できコスパが◎プレートの滑りはいいが、全体的に機能が少なめ。約1万とは思えないほど機能が豊富で高性能。使いやすさ、コスパ共に最高クラス。仕上がりが良く、髪の傷みにくさを追求した設計に。毛先のカールをつくりやすいのも◎瞬間ストレートという名の通り癖を伸ばす力が優秀。
ただナノイーの効果はちょっと分かりにくいかも。
高い、重い、大きいの3大デメリットはあるが、癖を伸ばす力はずば抜けて最強。美容師愛用率が非常に高く、癖を伸ばす力に長けている。プロ仕様なので耐久性も◎間接熱を利用したアイロンなので火傷の心配が格段に少ない。
仕上がりの艶感も◎
レビュー記事詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

※あくまで僕自身が美容師として使用したレビューをもとにまとめているため、個人的見解になります事をご理解ください。
※海外は電圧を参考に可不可とまとめていますが、電圧によっては対応できない地域もあります。その場合は変換プラグを購入する必要があります。

サイズは15mm、24mm、35mmの3種類!選び方は?

サロニアのストレートアイロンは15mm、24mm、35mmの3種類のサイズがあります。

選び方としては下記を参考にしてください。

サイズの選び方
  • どのサイズか迷うなら基本は24mmサイズを選んでおけば間違いない(一番需要のあるサイズ)
  • 15mmは細めのプレートなので、前髪用、ベリーショート用、メンズのショート用向け
  • 35mmはワイドプレートなので、髪が多くてロングヘアーの方向け
美容師の大脇

もし今使用しているアイロンがあれば、今のサイズを基準に決めれば間違いないかと思います。(どのアイロンも24mm前後が一番多いサイズです)

実はミニサイズも。ミニは持ち運び用におすすめ!

サロニア ミニストレートアイロン

またサロニアのストレートアイロンにはミニも発売しています。

通常サイズをよりコンパクトにしたモデルがミニになりますが、違いをまとめると下記のようになります。

通常サイズとミニの違い

通常モデル(24mmサイズ)ミニ
価格¥3,278(税込)¥3,058(税込)
温度幅120℃〜230℃100℃〜210℃
重さ345g約260g
全体の大きさ(全長)28.3cm24.5cm
プレートの大きさ2.4cm×9.2cm2cm×7.9cm
180度までの温度到達時間約45秒約120秒

比較ポイント

通常モデルとミニの違い
  • 通常モデルの方が設定できる温度幅が広い
  • ミニは約4センチほど全長が短くなり、重さも85g程軽くなっている
  • 温度上昇の早さは圧倒的に通常モデルの方が早い
  • 当たり前だがプレートの面積は通常モデルの方が広い
  • そのため通常モデルの方が癖をしっかり伸ばしやすい
  • 価格はミニの方が200円ほど安い

ご覧のように細かい機能を見ると通常モデルが優れている事がわかります。

ただミニはなによりコンパクトなサイズがポイントであるため、持ち運び用に特化したサイズとなっています。

美容師の大脇

そのためメインで使用するなら通常サイズ持ち運び用にミニ、と選ぶのがおすすめです!

ミニとの細かい違いは下記の記事にてまとめていますので、気になる方はこちらも参考にしてください。

サロニア ストレートアイロンのメリット・デメリットまとめ

サロニア ストレートアイロンの外観

僕自身がサロニアのストレートアイロンを使用した感想や口コミを参考に、メリットとデメリットをまとめてみるとこんな感じです。

メリット

  • 価格が3000円前後と激安なのにしっかりと癖を伸ばす事ができる
  • コスパが非常に優れている
  • 温度上昇が早い
  • 口コミや使っている方が多く、安心感がある
  • デザインがシンプルなマット素材でおしゃれ
  • 専用の耐熱ポーチが付属している
  • サイズや種類が豊富にある
  • 海外でも使える

デメリット

  • 他の高いアイロンと比べると耐久性が落ちる(壊れやすい)
  • 他の高いアイロンと比べるとパサつきや引っかかりがある
  • プレート加工はあくまでコーティングなので、経年劣化で剥がれてきやすい
  • プレートの温度が使っている時に下がりやすい
  • 白のモデルは劣化で本体が黄ばみやすい
  • 使用中に本体外側が熱く感じる事もある

サロニアのストレートアイロンを買うなら、チタニウム加工(白以外)がおすすめ

サロニア ストレートアイロンの外観

サロニアのストレートアイロンですが、カラーによってプレートのコーティングが変わってきます。

どういう事かというと下記の通り。

黒、グレー、ネイビー・・チタニウムコーティング
・・セラミックコーティング

サロニア ストレートアイロンのプレート加工
画像参照元

分かりやすく説明すると、白がセラミックで、それ以外の色はチタニウム加工になります。

そしてサロニアのストレートアイロンを購入するなら、チタニウム加工(白以外)が断然おすすめ

理由としてはこちら。

チタニウム加工の方がおすすめの理由
  • チタニウムの方が癖をしっかり伸ばしやすい(綺麗に伸びる)
  • チタニウムの方が仕上がりがいい
  • 温度上昇が早い
  • ホワイト(白)は本体が劣化で黄ばみやすい
チタニウム加工とセラミック加工

こちらは実際に僕自身チタニウム加工とセラミック加工のサロニアを購入して検証してみたのですが、仕上がりはチタニウム加工の方がいい結果でした。(癖が綺麗に伸びやすいという意味で)

また口コミを見ても

チタニウム加工の方が滑りも良く癖が綺麗に伸びる!

という声が多く、多くの方がセラミック加工よりチタニウム加工を支持している事が分かります。

もしどうしても白がいいという理由がなければ、購入する際はチタニウム加工のブラック・グレー・ネイビーを選ばれる事をおすすめします。(白はどちらかというとヘアアレンジ向き)

詳しくは下記の記事でも解説していますので、よかったらチェックしてみてください。

まとめ サロニアのストレートアイロンは美容師目線でもコスパ最強です

今回はサロニアのストレートアイロンについて詳しくレビューさせて頂きました。

色々といい点や気になった点も書きましたが、結論としてはこちら。

サロニアのストレートアイロンはコスパ最強

サロニア ストレートアイロンの外観
コスパ半端ないです!

約3,000円という価格から考えると非常に魅力の詰まったアイロンであり、美容師目線でも

美容師の大脇

安くてこんなにいいアイロンあるのか・・

というのが素直な感想。

温度設定やプレート加工など注意してほしい点もありますが、総合的に見ると満足度は非常に高めでした。

是非今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

サロニアの口コミをチェック

またその他サロニアの人気商品は下記にてレビューしています。

【売切】大人気KINUJO Dryerが入荷決定!

お客様の要望から逆算された超多機能ドライヤー

超軽量! 艶感よし! 超速乾!高機能!

KINUJOドライヤーのレビュー記事はこちらから

大脇貴志
WRITER
HAIR CHILDREN公式ライター。美容師歴13年目。ヘアアレンジが好きで美容家電マニアでもあります。Instagramでも最新の美容情報をまとめていますので是非参考にしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
タップできる目次