Instagramでも役立つヘアケア情報を更新中

サロニアは髪が痛む?ダメージに繋がる原因を美容師が分かりやすく解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは。ヘアーチルドレン公式ライター・美容師の大脇です。

今回は大人気のヘアアイロンであるSALONIA(サロニア)は髪が痛むのかという問題について美容師が徹底検証。

というのもサロニアは価格がとてもリーズナブルでとても人気な商品なのですが、口コミを見ると

髪が傷んだ・・

なんて声をけっこう見かけるからです。

そこでサロニアのヘアアイロンを実際に使ってみた美容師が、サロニアのアイロンを使って髪が痛む原因をこちらの記事で解説していきます。

サロニアのアイロンで髪が傷んだ・・という方や、なるべく痛ませたくないという方は是非参考にしてください。

タップできる目次
この記事を書いてる人
美容師 大脇貴志

サロニアのヘアアイロンの基本情報

ストレートアイロン

名称SALONIA サロニア ストレートアイロン
価格¥3,278(税込)
温度120℃〜230℃(ダイヤル調節)
重さブラック、ホワイト・・345g
グレー、ネイビー・・305g
コードの長さ1.5M
プレートの材質ブラック、グレー、ネイビー・・チタニウムコーティング
ホワイト・・セラミックコーティング
主な機能・自動電源オフ機能(30分)
・海外使用可
・専用の耐熱ポーチ付属
その他の商品カールアイロン
ミニストレートアイロン
ストレートヒートブラシ
スピーディーイオンドライヤー
トリートメントミストドライヤー

セラミックカールアイロン

名称SALONIA サロニア セラミックカール ヘアアイロン
価格¥3,278(税込)
温度100℃〜210℃(5℃ずつ調節可)
重さ32mm・・370g
25mm・・330g
19mm・・295g
コードの長さ白、黒・・2M
限定カラー・・1.5M
プレートの材質プレート・・アルミニウム
バレル・・セラミックコーティング
主な機能・自動電源オフ機能(30分)
・ボタンロック機能
・海外使用可
・専用の耐熱ポーチ付属

美容家電は価格に比例して「仕上がりレベルやダメージレス効果」が上がりやすい

まずはじめに美容家電を選ぶ際に必ず頭に入れておきたい事がこちら。

美容家電は価格に比例して「仕上がりレベルやダメージレス効果」が上がりやすい

つまり安い商品より高い商品の方が仕上がりレベルがよくなり、かつダメージレス(髪を痛ませない)効果が高くなります。

美容師の大脇

高いアイロンは髪を痛ませないようプレートに特殊加工してある事がほとんどなので、その分価格も高くなります。

その点、サロニアの商品はストレートアイロン、コテとともに約3000円前後といういわゆる激安価格の部類に入ります。

しかし価格以上の仕上がりや機能を感じる事のできるコスパ重視の商品でもあり、なるべく安くていい商品を探している方におすすめの商品でもあります。

ですのでサロニアの商品は、基本的にはダメージレス効果が高い商品ではないという事を理解しておきましょう。

サロニアのアイロンで髪が痛みやすい原因として考えられる理由

それではさらに深掘りして、サロニアのアイロンで髪が痛みやすい原因をいくつか解説していきます。

MAX温度がかなり高すぎるため、高温で髪を痛ませてしまっている

ヘアアイロンは温度が高いほど「癖が伸びやすい」または「手早くスタイリングができる」という理由で、サロニアのアイロン温度を一番高い温度でスタイリングしている、なんて方もいると思います。

しかしこれはめちゃくちゃ髪の毛が痛む原因でもあります。

確かに温度が高い方がスタイリングは手早くできますが、高温のアイロンを髪にあてればあてるほどダメージの原因になります。

ストレートアイロンを例にあげるとサロニアのアイロンはMAX温度が230度となっており、これは美容師から見ると恐ろしく高い温度になっています。

というのも美容室では基本的にどんなに高くても160〜180度くらいしか使わず、髪の毛のダメージにあわせて140、120度と温度を下げながら調節していきます。

美容師の大脇

230度のアイロンで毎日アイロンしてる事を考えると恐怖レベルです・・

サロニアのアイロンは初心者にも大人気ですので、温度の基本的な知識を知らないまま使っている方も多いかと思います。

しかしダメージはどんどん蓄積されていきますので、自分の髪の毛にあったベストな温度でスタイリングするよう心がけましょう。

  • 230度なんて高温では間違えてもスタイリングしない事
  • どんなに癖が強くても160〜180度で癖はしっかり伸びる

プレートはあくまで表面のみの加工なので、劣化で禿げてくる可能性が高い

サロニアのヘアアイロンは下記のプレート加工がされています。

ストレートアイロン・・チタニウム加工 or セラミック加工
カールアイロン  ・・セラミック加工

ここで注目したいのはあくまで「加工」であるという事。

加工なので表面のみにチタニウム、およびセラミック加工がされているだけで、主な材質は別のものが使われています。

美容師の大脇

チタニウムも基本は高価な材質にはなりますが、サロニアは表面のみの加工なので、価格を抑える事ができています。

表面のみの加工なので、使用しているといずれかは劣化で禿げてくる可能性が高いという事。

口コミでも

プレートの一部が禿げてきた・・

なんて声がありますが、これは劣化で表面の加工が一部禿げてきたという事になります。

そしてプレート加工が禿げてきてしまった状態で使用すると、髪への摩擦や負担が増え、髪の毛のダメージに繋がる原因になります。

プレート加工が劣化してきた・・と感じたら、買い替えるなどそのまま使用しないようにしましょう。

同じ箇所に何度も熱をあてないよう意識する

これはサロニアに限らず、全てのヘアアイロンに共通していえる事ですが、アイロンの熱を同じ箇所に何度もあてないようスタイリングしていく事が大切です。

けっこうやりがちなのが、癖をしっかり伸ばすために何度もアイロンを通すという事や、何度も同じ箇所を巻き直すという作業。

しかし先ほども解説した通り、熱をあてればあてるほど髪は痛みやすくなります。

ですので理想はなるべく手短に少ない回数でスタイリングしていく事。

同じ箇所に何度も熱をあてないよう意識しながらスタイリングしましょう。

ただ高いアイロンほど、手短に癖をしっかり伸ばしやすくなっていたり、綺麗なカールをつくりやすいなどのメリットはあります。

しかし価格から考えるとサロニアのヘアアイロンは非常にコスパに優れた商品である

サロニアのヘアアイロンで髪が痛む主な原因をいくつか解説させて頂きました。

ただ約3000円という価格から考えると、価格以上の仕上がりや機能を感じられるのがサロニアの一番の魅力でもあります。

美容師の大脇

仮にこの価格で仕上がりもダメージレス効果もめちゃくちゃ高かったら高級アイロンが存在する意義がなくなってしまいますからね^^;

そしてサロニアはリーズナブルな価格でコスパに優れた商品である事から大人気の商品でもあり、かつ使用する方も多い事から、マイナスな口コミも目立ってしまいがち。

他にも仕上がりがいいアイロンもたくさんある事から、サロニアに求めすぎてしまう声も多い印象です。

しかし実際にサロニアのヘアアイロンを使用してみた美容師からすると

美容師の大脇

こんなに安くていいアイロンがあったとは・・

と驚かされたほど、サロニアは非常にコスパの優れた商品だと思います。

もちろん美容師目線でもっといいアイロンはたくさんありますが、この価格帯でとなると話は別でありますので、、

なるべく安くていいアイロンを探している方におすすめである事には間違いありません。

そしてサロニアのアイロンを使用する方は、今回解説したいくつかのポイントを守れば髪への負担も減らす事ができますので、是非参考にしてみてください。

サロニアのストレートアイロンを購入する方は、チタニウム加工(黒、グレー、ネイビー)が仕上がりもよくおすすめです。詳しくは下記の記事で解説しています。

また下記では別のサロニアの商品をレビューしています。

下記の記事では美容師目線でもおすすめできるアイロンをまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

【売切】大人気KINUJO Dryerが入荷決定!

お客様の要望から逆算された超多機能ドライヤー

超軽量! 艶感よし! 超速乾!高機能!

KINUJOドライヤーのレビュー記事はこちらから

大脇貴志
WRITER
HAIR CHILDREN公式ライター。美容師歴13年目。ヘアアレンジが好きで美容家電マニアでもあります。Instagramでも最新の美容情報をまとめていますので是非参考にしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
TOPへ
タップできる目次
閉じる