Instagramでも役立つヘアケア情報を更新中

滑らない?サロンムーンコテの口コミ、サロニアとの違いを美容師がまとめてみた

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは。ヘアーチルドレン公式ライター・美容師の大脇です。

今回は約3,000円で購入できるSALONMOON (サロンムーン) カールアイロンのレビュー記事になります。

サロンムーン カールアイロンの開封写真
実際に購入してみました!

サロンムーンからはストレートアイロン(約3,000円)も出ており人気ですが、こちらのコテも口コミ数が多く人気の商品です。

また以前はYouTubeで藤田ニコルさんが使用した事で話題になった商品でもあります。

サロンムーンを使用している藤田ニコルさんの動画がこちら

そして実際に美容師がサロンムーンのコテを使ってみた感想まとめとしてはこちら。

美容師の大脇

約3,000円という価格を考えるとコスパが最高!でも仕上がりの艶感や滑りは価格相応かも。。

そこでこちらの記事では下記について詳しくまとめていきます。

  • サロンムーンのコテのおすすめポイント
  • 滑りが悪いという口コミもあるが実際はどうなのか
  • 同じ価格帯で人気のサロニアとの違い
  • 購入の前に知っておきたいメリットとデメリット
  • おすすめの購入方法(偽物には注意)

こららの疑問に、美容師が実際に使いながらレビューしていきますので参考にしてください。

タップできる目次
この記事を書いてる人
美容師 大脇貴志

SALONMOON サロンムーン カールアイロンの基本情報

名称SALONMOON サロンムーン ミラーチタニウムカールアイロン
価格¥3,499(税込)
サイズの種類25・32(ミリ)
温度80℃〜220℃(5℃づつ調節可)
重さ380g
※32ミリサイズ
コードの長さ2M
プレートの材質チタニウム加工
主な機能・自動電源オフ機能
・海外使用可
・耐熱性シリコンカバー付き
その他の商品ストレートアイロン

サロンムーンのコテを使ってみて感じたおすすめポイント

サロンムーン カールアイロンの外観

実際にサロンムーンのコテを使用して感じた良かった点がこちらです。

サロンムーンのコテの良かった点
  • バレルが長めなのでロングヘアーでも髪が抜けにくい
  • 温度上昇が早い
  • 温度幅が80〜220℃とかなり幅広く、5℃づつ細かく調整できる
  • マット感な質感のグリップなので、手が滑りにくく持ちやすい
  • 耐熱性のシリコンカバーが付属している

バレルが長めなのでロングヘアーでも髪が抜けにくい

サロンムーン カールアイロンのバレル部分

サロンムーンのコテはバレルが15センチあり、他のコテと比べても長めの設計になっています。

バレルが短いと巻いてる最中にスルスルと髪が抜けてしまう事もありますが、その点サロンムーンは髪が抜けにくい設計になっています。

そのため特にロングヘアーの方には、バレルが長いのは嬉しい特徴の一つです。

サロンムーン カールアイロンとリファのバレルの長さを比較した写真
リファのバレルと比較
サロニアやアゲツヤと比べてもサロンムーン(左)のバレルは長め
同価格帯のサロニアやアゲツヤと比べてもサロンムーン(左)のバレルは長め

そして仕上がりについてですが、安いコテだからカールが巻けるか不安な方もいると思いますが、実際に巻いてみるとリッジ感あるカールをつくる事ができます。

美容師の大脇

ただ髪を挟む力が強いため、滑りが悪く感じるのが個人的にはデメリットです。(挟む力が強めが好きな方にはいいかも)

また当たり前ですが、数万以上もするコテと比べると、毛先の艶感やまとまりは劣ります。

美容師の大脇

仕上がりの艶感に優れたコテは、毛先までしっかりまとまり、柔らかい質感になりやすいです。その点サロンムーンは綺麗なカールは巻けますが、毛先はパサっとした質感になりやすいです。

※とはいえ価格を考えれば大満足レベルです!

温度上昇が早い

160℃までの到達時間を測定した写真

サロンムーンのコテは温度上昇も早いです。

160℃までの温度到達時間を計測したところ、約57秒という結果に。

美容師の大脇

他のコテと比べても160℃まで約1分で到達するのは早い方です!

室内温度や環境の違いで時間差はあります。

温度幅が80〜220℃とかなり幅広く、5℃づつ細かく調整できる

そしてサロンムーンのコテは 80〜220℃ とかなり幅広い温度幅が特徴です。

美容師の大脇

他のコテと比べてもこれはかなり広めです。約3,000円ながらここまで幅広い温度幅を設定できるのは大きな魅力ポイントではないでしょうか。

1℃単位で温度が表示
温度上昇が1℃単位で表示されるので分かりやすい!

また100℃以下の低温カールにも対応しており、なるべく髪を高温で傷ませたくない方には嬉しい温度幅ですね。

さらに温度は5℃づつ細かく調節する事ができるのもおすすめポイントです。

ちなみにスイッチやボタン部分に「溝」があるのは、スタイリング中にボタンを間違えて押さないようにするためだそうです。サロンムーンのコテに誤作動防止機能はないですが、溝の中にボタンを設置する事で押しにくいようになっています。

マット感な質感のグリップなので、手が滑りにくく持ちやすい

サロンムーン カールアイロンのグリップ部分

サロンムーンのコテのグリップ部分はマットな質感の素材になっています。

そして実際に持ってみると手になじみやすく、かつ滑りにくいので持ちやすいと感じました。

安価なヘアアイロンは安いプラスチック素材の商品もありますが、その点サロンムーンは安価に見えないグリップ素材が採用されています。

耐熱性のシリコンカバーが付属している

サロンムーン カールアイロンに付属のシリコンカバー

またサロンムーンのコテには耐熱性のシリコンカバーが付属しています。

そのため持ち運びにも便利という嬉しいメリットがあります。

シリコンカバーを装着したサロンムーンカールアイロン
装着するとこんな感じに

一応熱に強いシリコンカバーと記載されていますが、なるべく本体が冷めてからカバーされる事をおすすめします!

「滑らない」という悪い口コミがあるが、挟む力が強めなので確かに滑りづらい

「サロンムーン 滑らない」というネガティブな検索画面

ネットでサロンムーンのコテについて調べていると、上記の「滑らない」というネガティブなキーワードが出てきます。

それに対し実際に使った美容師が解説するとこちら。

美容師の大脇

滑り自体は普通だが、髪を挟むクリップの力がかなり強めなので確かに滑りにくい・・

サロンムーンのコテでスタイリングしてる写真
クリップの髪の挟む力はかなり強め

人によっては髪を挟むホールド力が強めじゃないと巻きにくい・・と感じる方もいると思います。

しかしサロンムーンのコテは挟む力がかなり強めなので、いざ巻いていると「滑りづらい・・」と感じる可能性が高いかなと。

クレイツのコテのような滑らすような感覚で巻く事に慣れている方は使いづらいと感じる方かもです^^;

【コツ】巻く時はプレートを少し浮かせながら巻く必要あり!

サロンムーン カールアイロンのバレル部分

サロンムーンのコテは髪を挟む力がかなり強いため、滑りづらいと感じる方が多いと思います。

そのため巻く際は、上記にも記載の通り「プレートを少し浮かせながら巻いていく」テクニックが必要になります。

レバーに軽く力を加え、プレートを少し浮かせながら髪を滑らしていくと巻きやすくなります。

美容師の大脇

最近のコテは滑らすような感覚で巻けるものが増えています。そのため滑らす感覚で巻き慣れている方は慣れが必要です^^;

またコテが滑りにくいと感じた時の改善策は下記の記事で解説していますので、気になる方はこちらをチェックしてください。

サロンムーンのコテと同価格帯のサロニア、アゲツヤとの違いは?

サロンムーン、アゲツヤ、サロニアを並べた写真

サロンムーンのコテが気になる方は、同価格帯で人気のサロニアアゲツヤとの違いが知りたい方も多いと思われます。

そこで違いを比較表にまとめてみましたので参考にしてください。

一括比較表 ※スマホはスクロール

スクロールできます
商品
サロニア

アゲツヤ セラミックカール


アゲツヤカール


サロンムーン
価格(税込)¥3,278¥3,278¥3,980¥3,499
Amazon評価4.3/5点

約4,200件
4.2/5点

約250件
4.2/5点

約3,500件
楽天評価4.2/5点

約3,300件
4.2/5点

約120件
4.2/5点

約2,400件
4.5/5点

約350件
温度幅100℃〜210℃140℃〜220℃80℃〜220℃80℃〜220℃
温度調節5℃ずつ調節可5段階5℃づつ調節可5℃づつ調節可
滑りの良さ普通普通普通普通
ホールド感適度にあり適度にあり適度にありけっこう強い
温度上昇の早さ早い早い早い早い
重さ370g370g423g390g
デジタル表示×
プレート加工セラミックセラミックセラミックチタニウム
コード2M2.5M2.5M2M
誤作動防止あり×あり×
自動電源オフ
海外
付属品耐熱ポーチ××耐熱カバー
レビュー記事詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

※星評価やレビュー数は一番口コミが多いストアを参考にしています。(2022.3時点でのデータを参考)
※滑りの良さやホールド感に関しては、僕自身が全部使って感じた使い心地を参考にまとめています。そのため感じ方には個人差があります事をご理解ください。

また上記の比較表を参考に違いをまとめてみると下記の通り。

サロンムーン、サロニア、アゲツヤのコテの比較ポイント
  • 気になる仕上がりレベルは基本どれも同じ
  • 髪を挟む力はサロンムーンが一番強め
  • サロンムーンは温度幅が一番広い (アゲツヤカールと同じ)
  • プレート加工がサロンムーンのみチタニウム (他はセラミック)
  • レビュー数は圧倒的にサロニアが一番多い

そして「この中ならぶっちゃけどれがおすすめ?」という疑問を持つ方が多いと思いますが・・

美容師の大脇

正直どれもコスパがかなり良く、一つに絞るのは難しい・・

というのが僕の回答です。(全部買って使ってみましたが、正直どれも価格以上の満足度で一つには選べません・・^^;)

なのであとは細かい違いやデザインを比較し、口コミも参考にしながら決めていくのがおすすめです。

口コミをチェック

【一括比較】サロンムーンと他の人気カールアイロンの違いをまとめてチェック!

サロンムーンと他の人気カールアイロンの違いを「一括比較表」にまとめてみました。

美容師の大脇

気になる商品があれば「詳細を見る」からレビュー記事をチェックできます。

スクロールできます
商品名
マグネットヘアプロ

ホリスティック
リファ
絹女

クレイツ
エレメアカール


クレイツ
イオンカールプロ

クレイツ
エスペシャルカール

サロニア

ヘアビューロン

アイビル D2

アイビル DH
Nobby by TESCOM
サロンムーン
アゲツヤ
セラミックカール

ヴィダルサスーン
ピンクシリーズ
価格(税込)¥17,600¥22,000¥19,800¥13,200¥10,670
→ ¥5,500前後
¥10,868 
¥7,000前後
¥3,278¥27,500¥10,560
→ ¥5,000前後
¥8,800
 ¥4,500前後
¥8,788¥3,499¥3,278¥2,500前後
仕上がりの艶感
滑りの良さ
温度幅120〜200℃120〜180℃100〜200℃40〜220℃120〜220℃120-200℃100〜210℃40〜180℃80〜190℃100〜190℃60〜210℃80〜220℃140℃〜220℃100〜180℃
調節5段階4段階10段階10段階10段階5段階5℃づつ調節可7段階10段階25段階5℃づつ調節可5℃づつ調節可5段階14段階
温度上昇の早さ早いかなり早いかなり早い早い早い早い早い非常に遅いかなり早い普通かなり早い早い早い早い
重さ420g365g420g422g430g380g370g407g340g390g410g390g370g385g
スイッチボタンボタンタッチパネル
(デジタル表示)
ボタン
(デジタル表示)
ボタン
(デジタル表示)
ボタン
(デジタル表示)
ボタン
(デジタル表示)
ボタンボタン
(デジタル表示)
ボタン&ダイヤルボタン
(デジタル表示)
ボタン
(デジタル表示)
ボタンボタン&ダイヤル
コード3M2.5M2.5M3M3M3M2M2M3M3M1.8M2M2.5M1.9M
自動電源オフ
誤作動防止××××××
海外×××
美容師の
一言メモ
仕上がり、滑らかすぎる巻き心地が特に優秀。価格は高めだが、高級カールアイロンの中で比べるとコスパが最強レベル。仕上がりの艶感や滑りの良さが特徴。また軽いので操作性も◎!ただバレルがやや短めなのと、温度幅が狭め。仕上がりの艶感や滑りの良さが◎!また温度上昇が特に早く、タッチパネルデザインがおしゃれ。クレイツの最上位モデル。温度幅が非常に広く、低温スタイリングができるのもポイント。エレメアの前モデルで、価格が約半額で購入できるためコスパが最強。美容師愛用率も高め。クレイツと人気美容室のアフロートがコラボしたモデル。全体的に使いやすいが、イオンカールプロほど割引されていない。約3,000円とは思えないほど機能満載。仕上がりや滑りの良さは多少劣るものの、価格を考えれば大満足レベル。仕上がりの艶感や柔らかい質感が最高レベル。ただ温度上昇が遅すぎるのが最大の難点。アイビルの最上位モデル。温度上昇が特に早く、半額程度で購入できるためコスパも◎!価格もお手頃で使い勝手も◯!ただダイヤル式で正確な温度が分かりにくいのがデメリット。機能の豊富さ、使い心地や仕上がりも良く非常にバランスが◎!1万前後で探している方に特におすすめ。バレルが15センチと長めで、髪を挟む力がけっこう強め。また温度幅も広く、価格を考えるとコスパ満足度が高め。約3,000円とは思えないほどコスパが優秀。仕上がりの艶感など劣る点もあるが、なるべく安いコテを探している方におすすめ。一番の魅力は約2,000円という安さ!とりあえず巻ければいいという方向け。温度はダイヤル調節なので正確な温度が分かりにくい。
レビュー記事詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

※重さは32ミリサイズを基準にしてます。
※あくまで僕自身が美容師として使用したレビューをもとにまとめているため、個人的見解になります事をご理解ください。(仕上がりの良さや滑りの感じ方には個人差があります)
※海外は電圧を参考に可不可とまとめていますが、電圧によっては対応できない地域もあります。その場合は変換プラグを購入する必要があります。

美容師の大脇

比較表を見ても分かるように、価格が上がるほど仕上がりの艶感や滑りがいいコテが多くなります。そのため価格は上がりますが、髪のダメージレス目線で考えると他のコテを検討してみるのもおすすめです!

サロンムーンのコテのメリットとデメリットまとめ

サロンムーン カールアイロンの外観

自分自身が使用した感想や口コミを参考に、メリットとデメリットをまとめてみました。

メリット
  • 約3,000円という安さだが、綺麗なリッジ感あるカールをつくる事ができる
  • バレルが約15センチと長めなので、ロングヘアーの方でも髪が抜けにくい
  • 温度上昇が早い
  • 温度幅が80〜220℃とかなり幅広く、5℃づつ細かく調節可能
  • マットな質感のグリップが滑りにくく持ちやすい
  • 海外使用できる
  • 耐熱素材のシリコンカバーが付属している(持ち運びにも)
  • 価格から考えたコスパ満足度がかなり高め
デメリット
  • 髪を挟む力が強いため、人によっては滑りが悪く感じやすい
  • 仕上がり重視のコテと比べると、毛先がパサッとした質感になりやすい
  • 一部偽物が出回っている
  • 口コミを見ると壊れたという声も多く、耐久性が高いとは言いにくい

サロンムーンのコテに偽物があるって本当?おすすめの購入方法は?

サロンムーンのコテで調べていると「偽物」という検索ワードが出てきました。

そして公式からも「類似品や転売品は出回っている」と注意喚起があります。

そのため商品はサロンムーン公式ストアから購入される事をおすすめします。

また公式ストア外の商品は返品保証やメーカー保証対象外となりますので、必ず公式ストアから購入するようにしましょう。

SALONMOON公式ストアはこちらから

まとめ 約3,000円という価格を考えると、サロンムーンは大満足レベルのカールアイロン

サロンムーン カールアイロンの開封写真

最後にまとめですが、サロンムーンのコテは約3,000円という価格を考えるとコスパ満足度が非常に高めの商品でした。

美容師の大脇

仕上がりの艶感や滑りやすさなど気になる点もありますが、価格からの機能や使い心地を考えるとコスパはかなり高めです!

そのため下記の方にサロンムーンのコテはおすすめです。

サロンムーンのコテがおすすめの方
  • なるべく安さ重視だけどコスパがいいコテを探している方
  • バレルが長いコテを探している方
  • 挟む力が強い方が巻きやすい方
  • 温度幅が広く、細かく温度調整がしたい方

是非参考にしてください。

SALONMOON公式ストアはこちらから

サロンムーンストレートアイロンのレビュー記事はこちらから

美容師おすすめのコテはこちらの記事から

【売切】大人気KINUJO Dryerが入荷決定!

お客様の要望から逆算された超多機能ドライヤー

超軽量! 艶感よし! 超速乾!高機能!

KINUJOドライヤーのレビュー記事はこちらから

大脇貴志
WRITER
HAIR CHILDREN公式ライター。美容師歴13年目。ヘアアレンジが好きで美容家電マニアでもあります。Instagramでも最新の美容情報をまとめていますので是非参考にしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
TOPへ
タップできる目次
閉じる